無借金で若いときに5000万円の資産からスタートするとぜんぜん違う世界があります

コラム

日本人の2世帯以上で金融資産がゼロの世帯は31%もあります。

この数値は合っていると思います。自分の感覚的にもそれくらいだと思います。金融資産を持っているという世帯も300万円以下の世帯はかなりいます。

数千万円とか数億円の世帯というのは全体から見たら少ないです。

 

だんだん歳をとってくると老後のお金とかを心配する人がいます。

でも、自分の場合、人生でお金に困ったことがありません。お金がないと言うよりもどうやったらもっと資産が増えるのか、資産から得られる利子を増やすにはどうするのかということばかりを考えています。

いままで家も車もローンで買ったことがなく、現金払いです。クレジットカードのローンは生まれて一回も使ったことがありません。

 

欲しいものは毎月、好きなだけ買います。なので買いたいものがありません。買いたいと思わないけど、買ったら何か気分が

変わるかなと思う程度で買ってみたりもします。そして、結局何も変わらなかったりします。

 

お金の心配をすることはありません。

心配事は健康です。自分の身体をしっかりとメンテナンスして大切に長期的に利用できたらいいと思っています。

 

お金に困らないとそういうことに頭を悩ませることはないです。お金があるとそのお金を利子がもらえるところへ預けたり、投資をするのでまた増えます。

買い物を好きなものを買っていてもそれは利子です。利子の範囲で好きなものを買っています。だから、資産は減らず増えています。

 

毎年、お金は札束ドッサリで増えていくのが人生ずっと続いています。これが自分の中でスタンダードです。だから、お金が増えようがそれを喜んだり、お金、お金と考えたりしません。

田舎の人が庭や畑に生えている柿の木が毎年、柿の実を作るのでそれをとって食べる程度の感覚です。そこまで意識しません。

 

 

お金は大きくなるとどんどん力をつけます。資産投資をしても預けて利子をもらうのも勝手に力を増します。もっと勝手に稼げるようになります。なので貧乏人で何もない人よりも特に苦労もなく勝手に増えます。いちいち確認しません。この水準になるレベルっていうのは自分の感覚では金融資産5000万円以上だと思います。

 

金融資産が5000万円以上になると勝手に増えますし、お金を意識しなくてもどんどん増えます。増やすのが簡単になってきます。それに利子の金額も大きくなり、サラリーマン家庭の一般的な生活レベルのことをしたいと思えばかなりインパクトのある利子の収入になって来ます。

 

なので若いときにすぐ5000万円くらいの金融資産をつくりましょう。そうすると中年になっても勝手にお金が増えます。

ここでいう金融資産というのは借金をしてアパートを買って5000万円の金融資産というのではなく、キャッシュで無借金の5000万円です。

無借金で5000万円を超えてくるともっと自由度が増します。

 

このレベルで年齢も若ければ人生そんなに苦労することなく進めることが出来ます。圧倒的にイージーモードで人生を全うできます。

ここでいう金融資産5000万円というのは最低ラインです。このレベルをMAXとして切り崩して生活するというのではなく、5000万円を無借金で持ち、手を付けることなくほかに収入があり、資産がもっと増えるような状態にあることをいいます。

こういう状態に若いときに目指しましょう。数百万円なんて、カスみたいなものです。資産でも何でもなく単なる貯金です。まずは5000万円です。これが最低ラインです。

ここからスタートしましょう。

自分の場合、こういう生活をしているので人生イージーモードです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。