2014
11.19
S001_megane0420140830144448500.jpg

無人の野菜直売所で近所の新鮮野菜が販売されていると思って買っていたら実は中国産野菜だった!?

コラム

野菜の直売所は新鮮、無農薬を期待して購入している人が多いと思いますが中国産を販売しているとは思わないでしょうね。

とすごい情報が飛び込んできました。今週号の週刊SPA!では消えた中国野菜の行き先という特集がされています。

S001 megane0420140830144448500

 

無人販売所で中国産を販売

「ウチの近くには、各農家が野菜の無人販売をやっているんですが、なかには農家でも近隣住民でもない人がやっている店もある。見るとニンニクとかゴボウ、干し椎茸……どれも中国産と国産の価格差の大きいものばかり置いている。このあたりじゃ、そんなもん採れませんよ。私は農家だからわかるけど、どう見ても中国産なんだ。そもそも営業許可なんかもない無人販売所ですから、産地表示義務もない。『産地直産』とは謳ってないけど、買うほうもまさか中国産だなんて思わないだろうしね。いつも県外ナンバーの車がひっきりなしに停まっていますよ。集金している人をたまに見かけますが、いつも人が違う。組織的に複数の場所でやってるんじゃないか」

http://news.livedoor.com/article/detail/9479927/

 

こういったことが表面化してくると、そのうち無人販売所というのもまったく利用されない時代が来そうですよね。

普通に近所の農家が販売している日本産の野菜を売っていて、そういった中国産だから買うのはやめようと思われるのもなんだか納得出来ない事実ですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。