2013
06.07
3_thumb.jpg

為替が急落し、95円台に!ダウ上昇も日本株は大暴落で個人投資家は地獄の日々

コラム

日本株の暴落は止まりませんが、為替も雇用統計の測定値が昨日、情報が出てきて為替は一気に95円台まで円高となりました。

3

FX主婦とか、どうなってるんでしょうかね。

こういうときは売りで儲けている人がいるのではないかということですが、そういうのは少数派です。誰もが想定していれば相場は大きく動きません。

為替がこれだけ変動したということは、誰もここまでの円高を想定していなかったことが原因です。

 

FXは寝て、起きると朝には破産しているなど、非常に面白い。一瞬でも95円台になれば強制ロスカットされます。

こんなハイリスク・ハイリターンなものにハイレバレッジで主婦が売買しているなんてパチンコ狂いの主婦と何が違うのかと思います。

ダウ平均は80ドル高

シカゴ日経平均先物は、為替が崩れ崩落。ダウが下がれば暴落。安部が発言すれば暴落。

空売り天国ですが、そろそろ下落下落が市場心理に蔓延してくると、急激に買い上げられたりします。

5

ダウは日本株と違い強いですね。量的緩和の縮小などが検討されていますがダウはまだ強いです。

 

自分はまだ日本株が15000円ある頃に、あっという間に12500円までは暴落するといい。上昇相場の過熱の中、馬鹿な発言だと思われていました。

まさかそこまでという考えが多かったはずです。

外資は売られすぎという水準なんてあっという間に売り崩します。そして、空売りで儲けます。

4

ダウ平均と日経平均は、これだけ価格差と暴落の違いがあります。

ダウが本格的に崩れてきたら、日本株は本当の地獄がスタートします。ダウが上がっても日本株は上がらず、ダウが下がればダウ平均よりももっと下落するのが日本株です。

自社株などを保有している持ち株会の売りは、売りたいと思っても早くても1ヶ月は掛かります。今後は、このようなインサイダーの人がこの相場でなんとか早く売り抜けたいと積極的に投げ売ると思います。それでも含み利益ですが相場のピークの時の利益とは大きく違います。

捕らぬ狸の皮算用となったわけです。

シカゴ日経平均先物

1

今日も日本株はダウ平均が80ドルも上昇しているのに200円以上も下落してスタートします。ただ、こういう日の日中の値動きは、不祥事で暴落するライブドア、オリンパス、東京電力などの出来高が急増する株の短期売買で狙うような値動きになります。

下がるだろう、下がるだろうと思ったら、場中で一気に500円以上も上昇するなんてザラにあります。そろそろそんな日が来るような気がします。

自分は、空売りするときは空売りをして、十分、気分は満腹なので様子見です。売りもないですし買いもなし、全部現金です。

定期預金

そろそろボーナス時期なので定期預金1年ものの金利を見ていますが2月ごろのキャンペーンの金利よりもいまは通常金利で安い利回りですね。

401Kをスタートし、口座は円預金にしてありますから、そのうち暴落したらインデックスへ投資するかもしれません。利益はずっと無税ですから、安い時を狙うといい感じです。

日経平均が9000円割れたら、日経平均インデックス買います。

 

来年は日本版の年間100万円まで無税ですが、いきなり1月から買うということはなく、年末までは様子見で発動させないつもりです。

 

しかも!今年は源泉徴収が利益の10%が最後に終わるときです。売りたい人だらけですね。崩れる前に早く、早く!

と思う人が多そうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。