2015
01.01
AMI88_konobamukuhenoisisugi1264500.jpg

炭酸飲料に課税開始!カリフォルニアにソーダ税

コラム

炭酸飲料に税金を課せる法律がいよいよ本格化しました。

炭酸飲料は糖分大量で肥満の原因になっています。

AMI88 konobamukuhenoisisugi1264500

米国のスーパーの店内に並ぶ炭酸入りなどの甘い清涼飲料=2014年6月18日、米カリフォルニア州ローズミード(AFP=時事)
が始まる。この税は一般的に「ソーダ税」と呼ばれ、その狙いは深刻化する肥満対策。米国の都市で初めてとなる税が国内に広がるかどうか注目される。

 市は1オンス(約30ミリリットル)当たり1セントを課税する。これは一般的な缶サイズでは12セント(約14円)となる。市は、甘い飲料による大量の砂糖摂取が肥満の主因と分析。課税で消費が抑制され、糖尿病患者などが減れば、社会的な医療コスト削減にもつながると説明している。

 新税導入は14年11月の住民投票で承認された。肥満は全米の課題でもあり、課税推進派は「全国への導入拡大に向けた重要な進展だ」と意気込む。民間調査によると、米国の大人の肥満は1990年には約10人に1人だったが、今では約3人に1人に増えている。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122900424

自分も肝臓を悪くし、内臓脂肪や中性脂肪を注意された時に痩せようと糖分を取らないようにしました。

糖分は過剰に摂取すると、中性脂肪として簡単に蓄積されてしまいます。実はダイエットとはカロリーばかりが意識されますがカロリー表示鮭ではなく、糖分も気をつける必要があります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。