2015
01.06
スクリーンショット 2015-01-06 6.14.02.png

火星へ永住の片道切符に20万人が応募。二度と地球には戻れません!

コラム

無人飛行船に人間を乗せて火星に行ったきり、本当にそのまま移住してしまうという「人類火星移住計画」を進める非営利団体「マーズワン」財団は、火星移住希望者を募集中で、世界中から20万人の応募が殺到。その中から、2025年からの火星入植に向けて、日本人を含む1058人の候補者が選出されたことをマーズワンが発表しています。

http://gigazine.net/news/20140103-mars-one-settlement/

スクリーンショット 2015 01 06 6 14 02

片道キップなのに応募者20万人というのは凄いですねぇ。

つまり、地球の火星研究をしているところの予算が尽きたり、なにか問題があり、酸素や食料、物資などが送られないようになったら、全員死亡です。

初めての試みであるため、事故による死亡確率はめちゃくちゃ高そうですが20万人。どういう人が応募するんでしょうかね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。