渋谷のスクランブル交差点で1500名が歩きスマホをした実験は予想内の展開に

コラム

渋谷のスクランブル交差点を1500人がスマホを見て渡るというシュミレーションが面白いです。

結果は、当然誰もが想定するような事となるわけですが・・・。

都内では、電車でもスマホ、ホームでもスマホ。自転車に乗ってもスマホという人もいますし、首都圏でも自動車通勤を見ていると、車を運転中にスマホを操作というのもよく見かけます。

 

そのスマホですが大抵はSNSのLINEやFacebook、Twitterをしているわけであり、それ以外はゲームをしていたりもします。

 

ガラケーとiPad miniの自分はどれも該当しないわけですが・・・。その分、首の疲れによる緊張性頭痛や眼精疲労で目が痙攣して、ピクピクしたり指が痛いなどという症状は一切なくなったわけです。別にやらなくても何も困らないですね。

 

日経新聞を読まなくなりましたが、これも何も変化なし。電車は何もせずボーっとしているのが一番楽です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。