2014
04.03
dax-02006.jpg

消費税増税時に税抜きなのに税込価格で慣れた50円単位を表示し、便乗値上げが目立つ

コラム

消費税増税により、巧妙な便乗値上げが目立つという記事がありました。

この点は、自分も感じており、消費税は5%から8%に増税されているため、3%の違いしかありません。それ以前に今まで税込み表示であったため、4月1日から税別表示になるならば見かけ上は値下げのように見えなければ行けません。

 

世の中では税込みと税別は既に混在してきており、Amazonやしまむらは税込み表示です。

税込み表示に慣れた消費者を騙す便乗値上げ

「5%」の「税込み」表示に長く慣れさせられた消費者は、105円や1050円、10500円といった表示に違和感を覚えにくい。しかし、今回の消費税アップのタイミングに合わせて、1050円といったおなじみの価格表示を、税抜きの本体価格に設定する業者が増えている。

4月1日には、ネットでは在庫不足で価格.comやAmazonでは消費税以上に価格が跳ね上がっています。

欲しいものがあってもしばらくは価格が安定せず、混乱しているため、財布の紐を厳しくするしかありません。全体的に便乗値上げが目立つ傾向にあります。

Dax 02006

しまむらは、消費税増税分を会社が負担し、利益を下げています。税込み表示ですが値上げはされていません。

牛丼のすき家は消費税が増税されたと同時に270円に値下げと言いますが、消費税を考慮すると、ほぼ横ばいと言ったところでしょうか。

ハンバーガーも100円に値下げと言われていますが108円が税込価格です。それでも少し値下げされていますね。

 

しばらくは、消費税負担を会社が実施し、値上げをしていない企業へ流れるしかないかと思います。ますますデフレ思考は強まりそうな傾向があります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。