2013
10.01
1

毎日、毎日適当に記事を書き9ヶ月。1日の投稿する記事の数を増やすとアクセス数が一気に増加

コラム

毎日、記事の掲載回数を増やすとアクセス数は比例して伸びています。

株式ニュースのサイトでしたが、ETFについては特に書かず、株の記事と言えば日本株なんて買うべきではないと「個人投資家は日本株を買ってはいけない」という内容を一貫して掲載しています。

こういった記事は、1日100件も見てもらえればいいくらいで、土日なんて書いても50件、何となく書いた記事でも10件、20件も見る人がいなくて終わったりします。

 

それが切手の消費税増税で2013年4月から値上げとする記事が爆発的にアクセス数を稼ぎ出しています。

 

ほかにもヤマダ電機の株価暴落、iPhone5Cについての記事など、株については全く関係ない記事がアクセス数が高いです。

1

2013年1月から、何もないサイトから徐々に記事を増やし、特に書くテーマも決めておらずに毎日、朝と夜の更新を欠かさず実施してきました。

 

アクセス数が増えるようにブログランキングに掲載することもなく、ただサーバーを借りて、WEBサイトを作り、記事を増やしていくだけです。

更新頻度が高まるにつれ、アクセススは爆発的に増えていきました。

今では記事を書いた翌日、翌々日にはグーグルの検索エンジンに反映されています。

 

逆に今までメインであったサイトが更新をサボって半年、一年と経過するとものすごくアクセス数が急減しています。

本当はこのようなサイトを新たに立ち上げたいと思いますが仕事をしつつ、記事を独自にこれだけの文章を朝と夜に入力するとなると結構疲れます。

 

仕事のメールを入力しているようです。

ノマドワーカーなんてやってられない

このサイトはSNSとの連携もしていません。フェイスブックもツイッターとも連携していません。

私個人の情報はネットには一切ありません。

 

今では話題にもなりませんがノマドワーカーという言葉がはやりました。

要するに定職に就かずにプロブロガーとして記事を書いて広告費で生活する自由気ままに場所も時間も選ばすに作業するというものです。

 

自分の生活では、こんなノマドワーカーなブログ記事では全くありません。

まず、カフェなんて行きません。23型モニターでしかもIPS液晶のものを価格.comで16000円程度で購入し、ノートパソコンの液晶モニターを使わずにデスクトップ画面風にして首と目が疲れないようにしています。

ブログを入力するアプリケーションでマイクロソフトが提供しているWindows Live Writerを使用していますし、頻繁に使用する写真は過去に素材辞典などで購入したものをフリーソフトで横幅600pxというブログ用に軽量化し、フォルダ丸ごと一括でサイズ変換して保存しています。

 

記事を書いても適当に写真をつけているだけで特に意味はありません。

da190015s

文章の入力は1つの記事に1000文字、2000文字の入力をしますのでノートパソコンの安いキーボードではとてもこれだけの量が打てません。

キーボードは1個2万円以上のリアルフォースを使用しています。これは金融機関のオペレーターが大量打鍵で入力したり、とにかく高速で大量に打つのに適している最強のキーボードです。

これと1個8000円くらいのマウスを使用しています。

 

このような状態でひたすら打鍵、打鍵、記事を選別して何を書くかコールセンターのオペレーターが電話対応と同時に文章を書くように特に選ぶわけでもなく書くわけです。

それで10個、20個と記事を書いても読まれずに終わるものやたまたま大ヒットするような記事に当たるわけです。

こういうのは予測できません。

 

こういう状態なのでノマドワーカーのようにスターバックスでMacBookエアーを使ってかっこよく文章を入力なんてあり得ないわけで、実際はコールセンターで大量処理するオペレーターのように家に帰ってから仕事をするように記事を書いているわけです。

 

これが一日1時間の日課になっています。

書く内容なんて毎日、構想していたことはなく、文章垂れ流しです。でも、いろいろかくといい記事だけが長期的にアクセスが維持され、価値のない記事は消えていきます。

文章の工業生産化という状態です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。