歯医者は儲からない為、過剰な治療を要求されます

コラム

実際にここまで酷くない歯医者も多いけど、すぐにお金につなげようと過剰な治療を求めるのは確かだと思います。

 

近ごろ、抜かなくても大丈夫な歯を抜こうとする歯科医が増えているという。歯科医に何が起きているのか──。
「歯医者の基本理念は『歯を残すこと』です。しかし今は手の込んだ治療を嫌がり、保存できる歯まで安易に抜歯する歯科医が増えています。 “手抜きと過剰”が横行しているんです」
 そう嘆くのは、『この歯医者がヤバい』(幻冬舎新書)の著者でサイトウ歯科医院(東京・渋谷)の斎藤正人院長。現在、斎藤さんの元には納得できる歯科治療を求めて全国各地から患者が押し寄せている。

 なぜ、多くの歯科医は“手抜きと過剰”に走るのか。斎藤さんは、「歯科医を取り巻く環境の悪化が大きな要因」と言う。

 現在、全国の歯科医は10万人あまり。歯科診療所は右肩上がりで増え続け、2013年には約6万8000軒に達した。これは、全国に約5万店あるコンビニより多い数だ。歯科医が街にあふれた結果、待遇はどんどん悪くなっている。公益社団法人日本歯科医師会・日本歯科総合研究機構の『歯科医療白書』(2008年度版)によると、歯科医を収入順に並べて5つに分け、下位20%の最も収入が少ないグループの平均月収を計算すると、約15万7000円だった。年収200万円に満たないのだ。

「バブル期までの歯科医は年収2000万円で高級外車や豪華クルーザー所有が当たり前の花形職業でしたが、時代が大きく変わりました。国の歯科医療費が厳しく抑制されて市場が縮小傾向にあるなかで歯医者が増えて競争が激化し、“歯科医格差”が拡大しました。“ワーキングプア歯科医”も増えています」(斎藤さん)

 厚生労働省によると、2013年9月までの1年間で廃業した歯科診療所は1405施設。1日に4軒近くが廃業している。

 こうした苦境において、“手抜きと過剰”で利益を得ようとする「ペテン歯科医」が増加しているのだ。医療ジャーナリストの田辺功さんの解説。

「最近は抜く必要のない歯を抜歯して保険点数を稼いだり、保険診療だけでは生計を立てられず、患者が医療費を全額負担する自由診療を強引にすすめたりする歯科医が増えました。高額のインプラント治療に誘導する悪質なケースも見受けられます。強引で稚拙な治療によるトラブルも増えています」

http://www.news-postseven.com/archives/20150106_296836.html

 

歯医者に行くと、単に歯石を取って欲しいというのに詰め物が劣化しています。剥がして型を取り直しましょうと言ったり、とにかく治療をしたがる。さらに治療は1日で終わらせないで何度も訪問させ、さらに検査と、お金ばかりを要求する歯医者が増えました。

 

詰め物がとれたのでそれを接着剤でくっつけるだけというのは儲からないので、新しく型をとりたがります。

しかも付けただけなのに次回日とか言ってきたので、なんで次回日がいるのか?と質問したら明確に答えられなかった歯科事務などもいました。こういうのが内科医とは違い、こういうのばかりなので歯医者には行きたくなくなるんですよね。

さらに歯医者なのに腕が悪いなど、当たり外れが多すぎるのもこの業界が悪い理由です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。