2014
01.03
スクリーンショット 2014-01-03 23.00.30.png

正麺が不味い。チルド生麺のほうが美味しく感じるし、生麺には感じない。塩分が濃すぎる

コラム

いま生麺タイプの袋麺が大ヒットしており、各社商品開発を進めており、スーパーやドラッグストアでも商品種類が増えているのである。

この正麺は、醤油、とんこつ、味噌と全シリーズを過去に食べた事がある。ある人はものすごく旨いと大絶賛するのだが、自分は美味しく感じなかった。

スクリーンショット 2014 01 03 23 00 30

別にノンフライ麺が不味いのではなく、インスタントがすべて最近、美味しくない。サッポロ一番の油揚げめんなどは、かなりまずく感じる。

高校生や中学生くらいの時期は旨い旨いとよく食べていたが最近は無理である。

 

このサッポロ一番であるが最近は植物油など油も健康にこだわっている企業が多い中、この麺は動物性油脂で上げているのである。たぶん、とんでもなく体に悪い。

 

乾麺の棒ラーメンでマルタイが昔から出しているがあの麺よりも正麺などの乾麺の生タイプは強烈だ。

多分何らかの保存料がかなり入っているのだと思うし、生麺タイプでも麺が不味いのでスープをかなり濃い味でごまかしている。この濃い味がまずダメだ。

 

マルちゃんでもチルド対応のラーメンを出している。

チルドでも半月くらい賞味期限が持つのである。要冷蔵だがラーメンの調理は自宅の鍋でやらなとダメな製麺もどうせ自宅保管だ。冷蔵庫に一個入れておいてもラーメンをヘビーに食べる人は半年で3食食べないということはないだろう。

それにこのチルドも別に冷凍しても特に味が変だと感じたことはない。賞味期限が近くなったら、冷凍庫にポイだ。

スクリーンショット 2014 01 03 22 59 30

こういう生麺タイプのほうが圧倒的に麺のコシがある。変に乾麺に一度していないので腰があり、喉越しがさっぱりしている。そして、スープも麺が激まずではないので特別濃い味付けでもない。

自分はチルドタイプの生麺のほうが美味しく感じる。

スクリーンショット 2014 01 03 22 59 49

便利さはさほど差がないし、味噌ラーメンは太麺で縮れている。味噌ラーメンに適している麺になっている。

スクリーンショット 2014 01 03 23 00 01

焼きそばもチルドタイプのほうが美味しい。でも、たまにペヤングソースやきそばを食べたいと思うが、UFO焼きそばのようにめちゃくちゃ濃厚なソースはあまり最近食べたいとは思わない。

カップラーメンはどうしても油であげた麺をそのまま入れて油が浮く、スープを入れない状態で食べて見るとわかるがお湯も麺も不味すぎて食べられない。

これがカップラーメンの本当の味であり、それを誤魔化すために塩分などかなり濃い味付けで誤魔化すのである。

 

これが年齢とともに厳しくなってきた。

外食でもラーメンをあまり食べたいとは思わなくなってきた。しかし、年齢は30代なかばである。外食するなら美味しい蕎麦屋で天ぷらそばやたぬきそばを食べるほうが美味しく感じるようになってきた。

 

そういう人から見ると。わざわざこの濃い味のノンフライ麺を購入し、保管するよりもチルド生麺の方が美味しいのである。そこまでラーメンを買ってから、自宅で長期保存する必要もない。

正麺は、まったく自分には合わなかった。また食べたいとは思わない。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。