2014
09.08
スクリーンショット 2014-09-08 6.08.00.png

業績悪化のマクドナルドで妖怪ウォッチのハッピーセットを販売!!一気に長蛇の列で収益アップ

コラム

マクドナルドがチキンナゲットなど、中国の食肉工場で賞味期限切れの肉を加工したものを利用されていたということで客足がかなり減っていた。

レジ前なども人が少なく、並ぶとすぐに注文を受けるような感じであった。

 

「これじゃぁ、レジカウンターにメニューを置かなくなったりしたあの時期は一体何だったのだろうか・・・。」

そう思わせるほど、客は減っていたのである。

 

それが、週末の土日にハッピーセットの新シリーズが販売スタートした。

妖怪ウォッチとアイカツなのであるが、凄まじい人気でマクドナルドのレジカウンターが長蛇の列。ドライブスルーでクルマが渋滞していた。

どちらかと言えば、妖怪ウォッチの方が人気である。

スクリーンショット 2014 09 08 6 08 00

いま本当に妖怪ウォッチが大人気となっている。

これはポケモンにようにシリーズ化し、長期的に売れるような気がする。妖怪ウォッチが売れてしまっているのでポケモンの時代が終了してきたようにも思える。子どもとそれに連れ回される親はいま妖怪ウォッチに流れている。

 

妖怪ウォッチの売り方も凄く、とにかくお金、お金につなげる販売である。あるキャラクター地縛ニャンが持っていたお菓子が商品化されたり、妖怪メダルというレアメダルという感覚で商品を景品的なギャンブルで販売する方法である。とにかく子供はコンプリートしたくなる。

 

どこもかしこも妖怪ウォッチ。年末の12月に劇場公開される妖怪ウォッチの映画も前売り券の景品が目当てであっという間に売れてしまった。

もう前売り券の景品はない。こういった状態で来年も妖怪ウォッチの人気は劣らないだろう。販売元はバンダイなのであるがかつては遊戯王のカードでボロ儲けしていた。印刷すれば印刷するど儲かると現代の錬金術の如くであった。

 

妖怪ウォッチはDX妖怪ウォッチという腕につける腕時計タイプでメダルを装着するとカセット式で音声が変わったり、投影される映像が変化する。これがプレミアム化しており、なかなか購入が出来ない。私も店頭で実物を見たことは1度もない。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。