2014
12.30
1

来年発売されるXperiaタブレットは12インチと大型化。定価は12万円を超える!?

コラム

iPadが大型ディスプレイを販売すると発表しているため、ソニータブレットも12インチモニターを発売する計画があるようです。

1

 

現在ソニーが開発中と噂される、12インチのハイスペックタブレット端末。名称は「Xperia Tablet Z4 Ultra」になるなんて情報もありますが、今回台湾のニュースサイト経由で同端末は来年前半に発売されるとの情報が伝わってきました。また量産も近日はじまるとのことで、いよいよその登場が現実味を帯びてきましたね

このタブレット端末はもちろんハイエンド市場向けとなるのですが、その価格は1,000ドル(約12万円)を超えるそうなんです。タブレット端末が約12万円…って高すぎ? もし本当なら、ハイエンドの中でも業務用など特殊な市場向けの製品になるのかもしれません。他社を見ると、アップルも12.2インチ(一説には12.9インチ)の「iPad Pro」を来年発売すると噂されています。12インチのタブレット市場にはマイクロソフトのSurface Pro 3もいますし、ソニーがこのセグメントに参入すれば一気に盛り上がりそうです。

ソニーの12インチタブレットは12.9インチ・3840×2400ドットディスプレイやクアルコム製プロセッサを搭載し、背面カメラは800万画素で本体厚8.6mmの薄型タブレットになるそうです。来年1月に開催される総合展示会「CES 2015」で発表されるとも伝わってます。12インチタブレットが生活をどんな風に変えることができるのか、楽しみですね。

http://www.gizmodo.jp/2014/12/4k12.html

 

12万円を超えるとはさすがに高すぎますがソニーならこの値段で攻めてくると思います。

今のところちょっと価格ドットコムでiPadよりも安くGPSが付いていて、マイクロSDカードが刺さります。それで最低価格32GBでアップルよりもお得で防水。軽くてブルーレイレコーダーのお出かけ転送ができるというメリットがあったからよかったんですけどね。これは高すぎて私は買いませんね。ノートパソコンのモバイル高性能モデルの価格帯が13万円前後なのでものすごくなめた価格設定であることがよくわかります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。