2014
04.15
スクリーンショット 2014-04-15 21.39.35.png

月9の極悪がんぼは原作の漫画と主人公は性別も異なり、大きく違うがこれはこれでいいと思う

コラム

月9で始まった新ドラマ 極悪がんぼ なんですが、最初見てみると、漫画と全然違う展開になっていて驚きました。

この漫画の作者は、行政書士のカバチタレも連載しています。こちらも2回ドラマ化されましたが1回目のドラマは深津絵里と常盤貴子で主人公は漫画だと男性なのに女性の主人公でしたがそれなりにドラマの完成度は高く面白かったです。

 

2回目のカバチタレがドラマ化した時は、ひどかった。

変な演出が入り、本当に面白く無い。これは全然、見ないで終わりました。

スクリーンショット 2014 04 15 21 39 35

今回の極悪がんぼのドラマですが原作の漫画を知っている人は、闇金ウシジマくんのドラマくらいを期待していたと思いますが、いつもこの作者は女性主人公に変更になったりとよく変わります。

変な演出がなくなったのは好感が持てます。

 

俳優もいい味で選んだと思いますね。なんとなく原作の雰囲気は出ています。これはこれで面白いんじゃないでしょうか。

 

極悪がんぼはフジテレビで月曜日の夜9時から放送されています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。