2013
07.13
PHM16_0741

最近のエアガンは電動のフルオートで5000円だって!?BB弾はバイオBB弾で自然に帰る

コラム

最近はエアーガンで遊ぶような子供なんてめっきり見かけなくなりました。
大人がエアガンで公園の空き缶をバンバン撃っていたら、小さい子を砂場で遊ばせるような母親に通報されそうですね。

No3 マック11 (フルオート) (10歳以上電動ブローバック)

昔は、本当にBB弾をエアーで勢いよく飛ばす1発、1発をセットして飛ばしていました。それ以外はガスガンというのでガスを注入すると連続で発射できたものです。

こういったものが意外に高価であった時代なのですが、最近見てみると東京マルイというエアガンメーカーでは今でも販売しているようです。

ただし、すごく進化しており、ガスガンなんてものはなく、電動でフルオート、しかも単4電池で動きます。これが2600円や5000円で買えるのだから驚きです。

自分の時代はやっと電動ガンが出てきた感じで1個3万円くらいしていました。もちろん子供が買えるような金額ではなく、アルバイトをして買うにはそこまで欲しいわけでもなく中途半端に時代は流れていきました。

 

世の中には、サバイバルゲームというのをやっている大人がいるわけで、そういう人が現在の買い手になっているようです。

さすがに都心でも公園でいい大人が電動ガンを公園で持ち歩くのすら嫌です。

 

田舎だろうが、大人がこんなもの持ち歩いてフラフラしていたら、怪しい人です。本当に限られた人しか買わない商品になりつつあります。
No3 マック11 (フルオート) (10歳以上電動ブローバック) CYC バイオBB弾 0.25g 4000発
CYC バイオBB弾 0.25g 4000発

 

最近は、というか昔からもありましたが安価なBB弾はプラスチェック製で発射後、そのまま地面に放置され、無駄に環境破壊をすると言われています。

バイオBB弾というのがあり、これは地面に落ちて、雨が降って自然と溶けて、自然に帰るBB弾です。

外で気軽にエアガンをフルオートで発射させるにはこういったバイオBB弾を使うといいようです。

 

大人になると、本体の電動ガンが5000円、4000発のバイオBB弾が1400円となると、別に高い遊びではないわけです。1回の飲み代みたいなものです。

海外では実弾を撃つという観光サービスがあります。オーストラリアなどでもツアーで普通にあります。

こういうのを考えるといい大人が電動ガンでストレス発散で4000発乱射するのもいいかもしれませんね。(それでストレスがなくなるならば)

模型店

自分が子供の頃、BB戦士や元祖SDガンダム、ミニ四駆などが流行っていましたが、現代のようにAmazonが全国送料無料で配達するわけでもなく、何か買うとしたら、模型店しかなかったわけです。

しかし、模型店というと変な店で大人でもガソリンエンジンで飛ばす飛行機やヘリコプターのラジコンを買ったり、RCカーに10万円以上使ったり、ガスガンでバンバン撃つような今の時代なら、ろくでもないような大人のたまり場、つまり昔々のヤンキーのたまり場の喫茶店のような雰囲気を出していたわけです。

そんな状態で田舎の模型店でミニ四駆やガンダムを買ったものです。客なのに遠慮して買うというとんでもない理不尽な環境でしたが、今となってはそういう模型店も流行らず、どんどん閉店していっているわけです。

PHM16_0741

今思うと、大人がおもちゃを買うというのは、実は安い趣味です。

本物のクルマを改造して100万とか中古車の改造をして、アマチュアでレーシングコースを走らせたりする大人よりもよっぽどお金が掛かりません。

実は釣りやゴルフの方がもっとお金が掛かったりします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。