2014
12.28

最強モバイルノートパソコンを作る!Lenovo Miix28に充電とUSB拡張を実現した方法

コラム

Windows8タブレットを買いました。

Officeなしのものをヤフオクで購入し、送料込みで16000円でした。

Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き Lenovo Miix 2 8(Z3740/2G/64GB/Office H&B/8.0HD)59428524 保護フイルム付き


Lenovo
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る

これmicroUSBケーブルが刺さる口があり、ここから充電をしますがUSB拡張アダプターや変換アダプターを指すことが出来ます。

エレコムの下の商品を使うと、もともとレノボについていた充電ケーブルをUSB2.0に変換しエレコム4ポートアダプターに指し、本単位はエレコムのmicroUSBを指します。

 

こうすると充電しつつ、USBを3個まで指すことが出来る状態になります。

こういった充電しつつ、USBの口を増やしたいというユーザーが多かったのでこれは便利です。

ELECOM USBハブ USB2.0対応 スマートフォン・タブレット用 microUSBケーブル+変換アダプタ付 バスパワー 4ポート ブラック U2HS-MB02-4BBK ELECOM USBハブ USB2.0対応 スマートフォン・タブレット用 microUSBケーブル+変換アダプタ付 バスパワー 4ポート ブラック U2HS-MB02-4BBK
Not Machine Specific

エレコム
売り上げランキング : 728

Amazonで詳しく見る

Windowsタブレットを使っていて小型のWindowsノートパソコンのようにキーボードとマウスを使うならばいいと思いますがタブレットだけタッチ操作するとなるとかなり微妙です。

最初は文字サイズが小さくて400%拡大するように設定したら、タブレットの解像度を超えました。

 

この為、設定を元に戻したくてもOKボタンまで表示されず、反応されずで30分以上苦労しました。最後はコマンドをバーチャルキーボードで入力し、元に戻りました。

こういった点が全然、AndroidやiPhone、iPadのレベルに追い付いていない点です。単純にタブレットとして使おうとするとクソすぎる機械です。

しかし、軽量ノートパソコンとして使うならば、現状では超軽量が実現できます。本体は360gくらいですし、これに軽量キーボードにマウスを付けても600gから700gくらいで完結します。

タブレットスタンドも100円ショップのセリアに行くと折りたたみタイプでしっかりしているものが売っています。

変にAmazonでしっかりしたものを買おうとするとモバイルで持ち歩くには重すぎるのです。

 

これで通常利用でも9時間くらいバッテリーが持ちますのでMacBookAir11インチくらいのバッテリーになります。モバイルバッテリーでも充電できるため、外出時に持ち歩くには最強のノートパソコンになるわけです。

そんな訳でしばらくは外出時はWindowsタブレットと軽量キーボードを持ち歩き、休日に本格的に作業をしたり自宅でする場合はMacBookretina13インチを利用することにします。

 

これだけノートパソコンのように一式そろえて2万円〜25000円くらいで完成できるのでかなりお買い得でした。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。