2014
11.04
スクリーンショット 2014-11-04 23.14.00.png

最強のダウンコートはどれだ!?ファイストファッションのダウンジャケットを比較レビュー(GAP、ZARA、ユニクロ、+J)

コラム

ファストファッションのダウンジャケットやダウンコートを着比べて比較してみました。

ユニクロは安価ですがダウンの量があまりにも少なく、保温力がなさすぎです。普通のダウンジャケットは背中や胸、腕とすべてでペラペラ感があります。

ストレッチダウンも見た目はもこもこしているように見えますがダウンの弾力はなく、保温力はあまり期待できないでしょう。

 

そんな中で安価(セールを入れて)15000円以下で新品のダウンコート、ダウンジャケットを買う場合で費用対効果が高そうなところを比較してみました。

1位はGAPの50%セール以上の値引きで買うダウンジャケット

GAPは定価では、この品質でこの価格は割高と言えますがクーポンなどで50%オフ以上になってやっと価値が出ます。それくらいの品質です。

着てみて分かりますが襟元や内部などは、非常に安価なポリエステルで出来ています。非常に安っぽい。

 

しかし、ダウンの弾力性や保温性はユニクロの安価なダウンよりも優れています。保温性ならば、ファストファッションでGAPのセール品がオススメです。

ただ、アメリカサイズなのでLサイズをいつも着ているからと選ぶと、完全に袖の長さがあいません。H&MやGAPは外国人スタイルにあわせて作っているので日本人体型にはぴったりあいません・どうしても腕が長過ぎる感じになります。つまり、袖が余ります。

こういうのが気にならないなら、GAPの50%オフでのダウンコートはオススメです。

スクリーンショット 2014 11 04 23 14 00

2位はユニクロの+Jダウンコート

スクリーンショット 2014 11 04 23 13 10

2位は、ユニクロで3年ぶりに復活した+Jです。通常のダウンコートよりもダウンの量は多く品質が全然違います。どうせ数年使いたいとか、保温力を求めたい、デザイン性もとうならば+Jダウンは超オススメです。

日本人向けにサイズが作られているため、Lサイズを買えばGAPのように袖が長過ぎるということもありません。どちらかと言うとGAPよりも全然、作りがいいです。

 

しかし、何故、2位なのかというと、ユニクロで+Jは殆ど、割引セールをしないことが理由です。過去、お正月の新春セールで気持ち安くなっただけで、ほとんどが定価販売です。週末の広告セールも+Jは登場しません。マイナスな点はセールをしないところです。なのでGAPの50%値引きよりも少し高いです。

17900円で税別ですから税込みは19332円になります。これだけのお金を出すならば、季節も終わりにもっといいものが処分売で買えたりするので微妙だというのが大きなマイナス理由です。

 

ユニクロが溢れていますが+Jは大型店だけしか売っていませんし、ネット販売などしか手にはいらないため、一般のダウンジャケットよりもユニクロだらけで同じ商品でかぶるということもありません。これが+Jの良い点でもあります。ユニクロなのにユニクロっぽくないところ。

価格で問題ないと言う人には+Jオススメです。

ファストファッションでダメなのがZARA

とにかくダウンスカスカ。感触がほとんど得られないほど、ダウンがない。しかもダウンジャケットなのに2キロ、3キロありそうなくらい重い。

ビニール素材などをふんだんに使っており、とにかく重い。男性のダウンジャケットを片手で1分持ち続けろと女性にいったら、かなりの人が音を上げるだろうというくらい重い。軽いためのダウンなのに全く意味不明。

 

袖を通してもデザイン重視でギュウギュウでキツイ。スーツの上にはとても着られない。着ても腕を曲げるのが痛いくらいキツイ。価格はそこそこだが品質が良くない。

 

ちなみに子供服を調べてみてもスカスカ。西松屋の安いジャケットと同じ品質。ダウンなんてなんもないデザインだけ。材質を見ても西松屋と何も変わらない。違うのはデザインとZARAというブランド。客層もZARAはちょっとユニクロと違う。どっちかというとブランドが比較的好きな人がよく訪れるイメージだ。

品質重視ならおすすめしない。

スクリーンショット 2014 11 04 23 15 01

まとめ

GAPは冬の本番になっていない11月3日で40%割引クーポンを配布していた。この時期はH&Mなどは秋物を処分している。40%で22900円のダウンを買うならば税込みで14839円となる。これでやっとファストファッションという価格といえる。かといってこの値段で保温だけ求めるならば、モンベルのアウトレットなどでも10000円〜15000円くらいで十分、登山用品だが温かいものが手に入る。微妙なところがある。

 

2万出せるなら、+Jが圧倒的にオススメだが、季節モノが終了する1月下旬のセールでブランド物もかなり処分売となる。その時なら、3万円も出せばもっと有名ブランドも買えたりするのでかなり微妙なラインになってくる。+Jは値引きしないのが難点だ。ユニクロで保温さえあればデザインや重量は無視できるというならばエアテックダウンコートを値引きで買うといいだろう。

 

街ナカで外は寒いが店内や電車では暑いという人は、ウルトラライトダウンを2枚重ねて着て、上にウィンドブレイカーを着ている方が効率もいいし、セールならコストパフォーマンスもいい。暑ければウルトラリとダウン1枚になればいいし、寒いなら2枚着ればいい。ただ、ダウンでは防風効果がないので更に薄いウィンドブレーカーを着るわけだ。これが軽いし、調節しやすいし、着なければ簡単にリュックサックに入る。

 

今年のアウターを見ても2WAY、3WAY、4WAYになるような重ね着で厚さ調整などが出来るものが多い。内部はダウンベストがあったりする。これを売っているくらいなので最初からウルトラライトダウン2枚でウィンドブレーカーも全然、有りな気がする。しかもその方が軽いし金額も安いわけだ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。