2014
10.18
PAK93_taikusuwariatama20140322600.jpg

昔「貧乏人は麦を食え」→現代「貧乏人は米を食え」(またはジャンクフード)

コラム

第3次吉田第1次改造内閣にて大蔵大臣を務めていた池田勇人は、その昔こう言いました。

貧乏人は麦を食え

今の時代、平民は米を食え、貧乏人はジャンクフードを食えと言えそうです。

群馬県の「あさひの夢」の67%(昨年の価格:1万5540円、今年の価格:1万475円)、千葉県の「ふさおとめ」の69%(同1万5443円、1万593円)のように、3割以上も価格の下がっている米もある。先物取引の価格も下がる傾向にあり、1年前と比較して、東京コメ取引では約40%(昨年10月:1万3000円→現在:7500円)の下落、大阪コメ取引でも約25%(同1万3000円→9500円)の下落だ。

http://irorio.jp/agatasei/20141012/168593/

PAK93 taikusuwariatama20140322600

今年は米価格が大幅に下落しています。理由は生産過剰なためです。農家が不足すると言われていますが生産過剰で儲かりません。

昔よりも米を食べる人が減ったからだと言われています。お米食べていますか?

 

パン食が増加し、一人暮らしでは安価なパスタやうどんで過ごしている人もいるようです。栄養バランスは特に意識しない生活をする人が多くなっているのも理由です。

 

しかし、これだけ安くなっても生産で農家は儲かるのでしょうか?

儲かりません。国からの補助金があるため、生活が成り立っているのです。つまり、生活保護者と同じ国から保護されるから成立しているのが日本の農業なのです。だから、農家は儲かりません。

若者の農業参入という話もありますが、土地を借りて農業に参入するしか無い人もいます。これは農地法があり、農業組合非加入者は農地を売買できないためです。

 

農家は儲からず、休みもなく大変です。

この現実とは別な話ですが米食べましょう。栄養があります。単純に炭水化物ダイエットで食べるのを辞める人がいますがそれは本当の痩せではありません。かなり無理な不健康な方法なので炭水化物ダイエットは辞めましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。