2014
10.03
スクリーンショット 2014-10-03 6.07.11.png

日経平均急落! 1日で420円の大暴落。本当に日本株の価格変動は激しい

コラム

日経平均が急落しましたね。毎度のことです。

日経平均(日本株)の価格変動(ボラティリティ)は激しいですね。短期売買の個人は、この流れでコツコツ儲けて、ドカーンと損するパターンになります。

 

2日のニューヨーク株式相場は、欧州中央銀行(ECB)が発表した金融緩和策に対する失望感から売られた。

スクリーンショット 2014 10 03 6 07 11

為替も円安になり、110円に迫るというイケイケドンドンの流れがありました。なので個人も強気になっている人も多かったのでしょう。

 

アメリカのFOMCの量的緩和を見ても日本株、米国株がリーマン・ショックのような大暴落はほぼ2020年までないと思います。

ただ、このまま安定的に株価は推移しないと思います。日本株は、価格変動が激しいので平気で12500円など調整するでしょう。どういう時に株価が暴落するかといえば、誰もが下がらないと思っている時です。

 

誰もが下がると思っているときは株価へのインパクトが織り込み済みのため、影響力が低いです。

誰もが知らない情報、知らない状況が突然発生する方がインパクトが大きいわけです。これをブラック・スワンといいます。

今後数年で、ブラックスワンは訪れるでしょう。なのでいま株をスタートしたり、株主優待目的に株を保有するのは、ほぼ長期的には株をやらない方が良かったというくらい儲からないようになります、

 

サラリーマンは、株に手を出さないで生きていくほうが大抵、幸せに過ごせます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。