2013
08.30
PHM11_0055

日本はデフレ脱却出来ないと断言する。そして毎年、地獄の増税が繰り返される

コラム

今日の日経新聞にトヨタ自動車が今後採用する人についての退職金を変更するという記事がありました。

毎月8000円積み立てて、退職時には745万円を支払うというものです。

 

これってかなり低いと思います。

退職金という存在はいま大手でも上限を下げています。年々退職金は団塊世代と比較して大きく差が出来ています。

団塊世代では退職金は2000万円が当たり前に大手ではありました。中小企業でも1000万円近くもらえたのです。

それ以上に国からの年金も団塊世代よりも上の世代はもっと高額で60歳からもらえました。

医療費は全額無料時代もあったのです。

PHM11_0055

これが今の世代になると、退職金なし、もしくはあっても1000万円に届かないのがザラ。安い社宅がなくなってきたり、財形貯蓄も利子が5%も10%も付いている企業もありましたがいまはほとんど利子が付きません。

社会保障財源不足で消費税は増税され、厚生年金も、健康保険も介護保険も財源不足で増税や負担が増加しています。

年金は現在65歳支給ですが今40歳以下の人の年金支給開始は70歳になるでしょう。

 

大企業で退職まで勤めて再雇用される人はまだマシです。

そういう人以外は仕事を探すしかないのです。60歳から70歳まで身体がガタガタになるほど肉体労働で使われるようになります。

なぜならば今よりも60歳以上で仕事をしないと生活を出来ない人が増えるため、労働環境も悪化し、賃金も過当競争により雇用されるだけマシという認識で足下を見られやすくなります。

70歳になっても年金はいまよりももっともっと減額されていますしかろうじて制度というものがあるという状態になります。高齢者の医療費負担も2割ではなく3割になるでしょう。

 

現役世代はいま保険証を持てば3割負担で医療機関に通えますがそのうち4割負担になります。

 

ですがデフレは日本の賃金体系がデフレ継続し、今後も賃金は止まりません。下落傾向が続きます。しかし、新興国の経済成長と人口が地球的に増加することで資源の奪い合いと食料高騰になりやすい傾向にあります。したがって、輸入品はいまよりも高くなるでしょうし、中国の労働賃金が上昇し、メイドインチャイナの製品も減る傾向になるでしょう。

PHM11_0300

これが日本の現状と将来なのでしょう。

軽自動車の税金も増税すると言っています。昨日の日経新聞には軽自動車のスズキの会長のコメントがありました。自社に影響があるため有利なコメントですが内容は間違っていないと思います。

軽自動車を買う人に年収1500万円以上はほとんどいない。年収が低く、作業用に使用している人が多いというのが実態だと言っていますが軽自動車の需要は、このコメントそのものだと思います。

タバコも昔はセブンスターが200円以下でした。それがいま400円です。

 

電気代もガス代も原発事故とその処理費、火力発電負担などで年々電気代も増加しています。

この様に賃金デフレが止まらなければ日本のインフレには決してなりませんがデフレは継続しています。雇用は不安定で簡単に飲み屋の席で隣の人にうちの会社に来るかと誘われて、そこそこの中堅企業にすんなり就職するなんて状態ではありません。

雇用は固執化し流動性がありません。新卒のスペシャル有利なカードで1発大手のいい企業に就職しなければ、高学歴でも転職でなのも実績がなければボロぞうきんです。

今日本では雇用は新卒では不足していますが中途はあふれすぎています。ハローワークはブラック企業と言われる労働条件があふれています。なかなか就職が決まらないのもこれが原因です。

PHM11_0683

このような日本経済は40年、50年とバブル崩壊後のデフレは継続します。その致命的な材料が消費税10%と様々な社会保険関係の増税です。土地はバブル崩壊からずっと下落しています。アパート投資をしたり持ち家を持ったらバブルのように数年後に2倍で売れたなどといった状態にはなりません。家賃を稼いで税金まで支払って土地下落と強烈に高い固定資産税の支払いをクリアーしていかなければ利益になりません。

預金の利子は1000万円を1年間貯金しても250円しか利子が付きません(しっかり21%の税金が掛かります)

 

そして、来年からは復興増税で今年は所得税が25年間増税されていますが住民税の増税がスタートします。

国民はどこまで耐えられるのか、昔の一揆やギリシャやブラジルのように暴動にならないのが不思議なような状況です。

 

さらに今国会で議論されているのが死亡消費税です。これは相続税ではなく、死んだので税金を払えというものです。

毎年、毎年増税がない1年がまったくない日本経済です。今後、30年増税を繰り返していくとどうなっていくのでしょうか。少子高齢化、アジア人の不法滞在など、とんでもない状況になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。