2014
04.04

新規格「Type-C」のリバーシブルUSBケーブルが年内登場へ

コラム

新規格「Type-C」のリバーシブルUSBケーブルが年内登場へ

これは、現在の裏表を意識して、挿入しなければいけないUSBケーブルをMacやiPhone、iPadで使用されているライトニングケーブルと同様に裏表を意識せずに、差し込めば良いという方式に変更されることを意味します。


過去、USBも高速でデータ転送可能なUSB3.0が登場しましたが普及まで結構な時間が掛かりました。

最近のパソコンはすべてUSB3.0が標準で付いていますが、それでもすべてのUSBが3.0ではなく、2.0も混在している状態です。(4個USB差込口があるノートパソコンのうち1〜2個がUSB3.0)


【Amazon.co.jp限定】Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB (無期限保証) TS32GJF700E (FFP) 【Amazon.co.jp限定】Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB (無期限保証) TS32GJF700E (FFP)


トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る

まず最初はデスクトップパソコンを自作するような人が高価なマザーボードを購入し、USB3.0を導入しました。

しかし、一般化されていない期間は、周辺機器でも新規格が出るのは時間がかかりました。

 

今回の新規格「Type-C」のリバーシブルUSBケーブルも登場から、実際に普及するまでには3年ぐらい掛かるのではないかと思っています。

その規格が普及する頃がパソコンの買い替え時期だったりするわけだったりします。


最近のノートパソコンも高価格帯のものを購入すると性能は良く、自宅で使用するなら、能力の時代遅れで買い替えというのはなかなか難しい状況にあります。

非常にパソコンの性能面では寿命が伸びたと言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。