2014
07.08
2014-07-05 17.41.20.jpg

新宿ビックロはマンハッタンパッセージの売り場がめちゃくちゃ充実しているぞ!!実物を確かめて買いたいならオススメ

コラム

いまビジネスバックは完全にマンハッタンパッセージが主力になりつつあります。

ビックロでは、売り場も大きく確保しています。

ヨドバシカメラは高級モデルとなると、チェーンロックやガラスケースに入っているのでビックロは直接、自由に触れるので気軽にバッグの容量や質感を確認できます。

2014 07 05 17 41 20

いままでオーソドックスに販売していたのがこちらのナイロンタイプですね。

ちょっとした軽い雨程度ならばパソコンを入れていても大丈夫な作りになっています。

 

マンハッタンパッセージは収納が群を抜いてよく設計されています。日本人向けと言えます。

そしてビジネス鞄では圧倒的な超軽量です。

2014 07 07 12 42 32

こちらは最近、マンハッタンパッセージでも収録となってきた高密度、高級ナイロン生地を使ったモデルです。

吉田カバンのポーターの生地のような感じです。

2014 07 07 12 42 46

もし資金が許すならば、吉田カバンのポーターのほうがいいでしょうね。

百貨店でもナイロンバッグの主力に位置していますし、完全メイドインジャパンなので製法もしっかりしています。ただし、高い。単なるサラリーマンには厳しい金額でもあります。吉田カバンは5万円くらいが相場です。

 

マンハッタンパッセージは25000円位が相場です。平均2万円。

なので輸入並行品の激安になったTUMIの重すぎる鞄と同等の金額で買えるのです。でも、TUMIは収納が古いですし、デザインも古いです。

 

いまは重いナイロンは敬遠されます。

こちらのマンハッタンパッセージの1泊旅行にも使えるブリーフケースはショルダータイプにもなります。かなり入りますし、収納もとんでもなく充実しています。

でも重量はたったの890gしかないんですよね。これがマンハッタンパッセージを選ぶ理由です。物がいいのにとにかく軽いのです。

毎日のことなので軽いほうがいいんですよね。

 

マンハッタンパッセージは値引きがあまりないので相場も崩れていません。

実物を確認して店頭で買うのが一番いいです。新宿ではヨドバシカメラ、ビックカメラどちらも扱っていますがヨドバシカメラはガラスケースに厳重に入っている状態です。気軽に確かめられるのはビックロがオススメです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。