2013
06.11
da-318005

新型MacBookAir2013が発表されるも性能も価格も期待外れ

コラム

昨日はマックの新作が発表されたがヨドバシカメラやビックカメラの売り場は昔からマックを買っている人が見ている程度で、Windowsのパソコンを使用しているユーザーはまったく関心がないようであった。

iPadやiPhone、ipod touchなどの販売は興味がある人が多いがノートパソコンのマックとなると、コアなユーザーしか需要がない。世界でマックパソコンのシェアは3%である。

主にグラフィックデザインをしている人が利用している。その理由はマックでモニターが統一され、原稿の発色を正確に知ることが出来る点が大きい。

da-318005

新型のMac proは丸形でお茶のみみたいな形だ。悪く言えば丸いゴミ箱だ。別に欲しくもない。

新しい無線LANの規格で無線lan親機が出たが価格は2万円、ハードディスクがあれば3万円である。Windowsユーザーから見たら、マックのプレミア価格となっている。

 

iPhoneのiOS7が発表され、全然違うデザインとなる。デザインだけ変わるだけで大きな機能変化はない。個人ユーザーは秋頃提供開始だ。アプリが自動更新になる点などが大きな変化だ。特に自分は、iOS7は欲しいとも思わなかった。

 

そして昨日発表のメインはMacBookAirである。今日のヨドバシカメラを見ても旧型との違いは置いてあっても全然分からない。

dax-02112

メモリーは4GBとなると、最新としては非力である。10万円もするパソコンならば8GBは欲しい。新型のインテルCPU搭載で処理性能はあまり変化はないがバッテリ時間は大幅に増えた。11acの無線LAN接続が出来るので最新の無線LAN親機まで買う人は次世代高速通信を体験できるだろう。

 

モニターは期待されていたRetinaディズプレイは搭載されなかった。この点が一番がっかり感が強い。薄型化と価格、バッテリーの持ち具合などを考慮すると、MacBookAirはipad miniのようなマック入門モデルの位置づけなのだろう。だから、低価格化し、Retinaは付けない。欲しいなら20万円のノートパソコンのMacBookproを買えと言ったところだろう。

 

この流れだと次回のiPad miniもretinaディスプレイにはならないと自分は思う。

 

今のパソコンはまだまだハードディスクドライブだがちょっとした出費と交換作業をすればSSDになる。ここに投資する方がパソコンのパフォーマンスを圧倒的に上昇させる。自分は、個人で使うならばSSDで最低でも250GBくらいは欲しい。

 

MacBookAirの価格は据え置かれた。

新幹線に乗って仕事をしている人を見ると、MacBookで仕事をしているような人はまったく見かけない。どちらかと言えばNECなどのB5ノートを持ち歩いている人が多い。会社支給だから利用している人が圧倒的だ。主な目的はメールである。

タブレットを使用している人も最近は増えた。

 

マックを会社で使用している人は全体のごく一部だし、利用している人を見かけるのはスターバックスばかりだ。

MacBookAirを買ってスタバに持ち込んで作業する個人所有しか見かけない。

 

長時間作業するには、B5ノートパソコンは目が疲れるし、変な姿勢で肩がこる。一般的に普及している15型ノートパソコンの方が自宅の作業をする場合はちょうどいい。持ち歩く必要がない人の方が圧倒的だし、外出先はスマートフォンで十分という人も多いだろう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。