2013
10.23
1

新型iPad Air発表。重さは469gと一気に軽量化。ipad mini はRetina搭載。11月発売。価格は499ドル

コラム

アップルはサンフランシスコの発表会で新型のipadとipad miniを発表しました。新型のipadの名前はMacBookAirに似ている名前になりました。

ipad Airという名称になります。

ipad miniはついにretinaディスプレイ搭載の高精細液晶が投入されます。

1

日本での価格はどちらも正式には未定ですが米国での価格は、ipad Airの最低価格のモデルが499ドル。ipad miniの最低価格のモデルが399ドル。

発売時期はipad Airは11月1日(日本は11月中)、ipad miniは11月中旬(日本は11月中)になります。

 

ipadのデザインはipad airになることでいまのipad miniと同じようなデザインになります。チップはA7です。Retinaディスプレイ搭載で重量は469グラム。

従来品は600g以上でしたのでかなり軽いはずです。現在のipad miniの100g重い程度になります。

wi-fiは高速化。2個同時でアンテナを接続し、より速度と安定感を高めます。

 

これは・・・モバイルノートいらなくなる人多いのではないかと思う。

ipad Air用のキーボードっていうのも発売されると思うし、そうなるとメールのタイピングなどは今でもipadにキーボード付けて外で行っている人もいる。

これがさらに軽量になるし、ノートパソコンよりも圧倒的に軽い。しかもretinaディスプレイで高解像度である。

マウス操作がなく、指で画面移動する点がノートパソコンとの違いであるが、マウスにこだわらないなら、単純にメールの返信、営業でプロジェクターにパワーポイントのようなものを投影し、プレゼンなどで使用するならば新型のipad Airは法人でも圧倒的に強力なツールになりそうである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。