新型のパナマ病が蔓延すれば現在のバナナは絶滅するほどの大被害になる恐れ。国連が警告

コラム

バナナがとんでもなく高騰するかもしれません。安価にバナナが食べられるのも今のうちかもと思わせるニュースがありました。

バナナは木ではなく、草なので1年で枯れます。このバナナは病気で全滅するらしく、1900年には主力であったグロス・ミシェルという品種のバナナは、パナマ病でほぼ全滅してしまったのです。

 

この為、原産国ではとんでもない被害を発生させました。そういうことが分かる動画はこちらです。

そして、病気に強いキャベンディッシュという品種が作られ、現在の主力となっているのですがキャベンディッシュを枯らせる病気がいま蔓延しているのです。

これに対抗できる品種も開発が進んでいますが、品種改良に成功する確率は100万分の3しかありません。

 

しかもなんとか新型のパナマ病に強い品種にたどり着いていますが味が悪いようです。

国連ではこの新パナマ病について警戒を呼びかけています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。