2013
10.14
PHM12_0059

敷き布団はアスリートタイプのムアツがそこそこ良好。もっと求めるならシモンズが良い。お値段以上はあり得ない。価格相応の世界。

コラム

実家の布団を買いました。

西川のムアツ布団。結構高いですがアスリート仕様のムアツの方がいい感じがします。

 

激安の敷き布団で羊毛混合は50%あればいい方で品質はばらつきがあります。ポリエステル混合で価格は3000円~4000円くらいで安いものは販売されています。

楽天の布団が安いところで買いました。1個2990円くらいでした。実家に帰ったときに寝るように安いのにしました。

 

全部ムアツにするか考えましたが年間でほとんど行きませんし、普通の布団を買って、子供がおねしょもしますし、その後買い換えてもいいかなと安いのにしました。

 

自宅は、シモンズのベッドで1個20万円のダブルベッドに寝ています。

10万円以上のマットレスに試しで寝てみたところ、安いニトリのベットとは大違いで、やはりマットレスは高い方が疲れが違うと思い、シモンズのマットレスにしました。

それと比べると西川のムアツ布団は、寝心地は高いものでも落ちます。でも、敷き布団であそこまで品質が出れば十分ではないでしょうか。

 

一晩寝てみると、布団で寝ると腰が痛かったり、体が痛く感じます。

そういうのがムアツだと解消される程度で、寝心地として最高と思うのはシモンズです。

PHM12_0059

羽毛布団は西川の15万円くらいのを買って使っていますが真冬以外は保温が強いので、ニトリの8000円くらいの羽毛布団を夏や秋などに使ってます。スカスカの羽毛布団が夏にクーラーしつつ寝るときはよい感じです。

冬は寒すぎて、電気毛布でもやらないと寒いくらいニトリの羽毛はスカスカです。

 

羽毛布団も価格の差で羽が骨ごと硬いのが入っているなと思います。

もちろんその部分は保温は高くないです。極寒地のグースの胸の羽を軽量で大量に入れていると保温も高いですが価格は10万円以下では買えません。

 

人生の半分以上は布団の中なので毎日の布団はお金掛けても満足のものを買うべきです。

ただし、怪しげな通販や楽天の訳ありなどは避けましょう。

 

西川でも東京西川と京都西川がありますが選ぶなら京都西川です。価格は高いですが満足の品です。

安い羊毛混紡布団はポリエステル50%ですし、獣臭が強かったりもします。

 

色々試してみて布団は京都西川、マットレスはシモンズ、フレームはそこそこどこでも良しといったところです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。