年末年始は、iPhone、iPad用のゲームソフトが半額セールを頻繁にやっている

コラム

いまiPhoneやiPad用のゲームが年末年始で半額セールをやっている。いつもは1本1800円くらいして手が出ないが900円位になっているので、5000円分くらいまとめて買ってもいいかなと思っている。

 

昨日はとりあえず、ファイナルファンタジー5を900円で購入した。

数年前からゲームの移植が進んでいるが最近のゲームは昔よりもタッチパネルでの操作が改善したと思う。

これくらいならわざわざゲームをやるために2万円、3万円の本体を買ってゲーム1本5千円も出すのは馬鹿らしい。iPadならネットもメールもおでかけ転送でテレビ録画も見れるし、音楽を聞いたり、地図検索にゲームも出来る。なんでも出来て3万円程度で購入できるのでゲーム専用機は割高である。

 

ただし、任天堂のゲーム機はスマホに移植されないので任天堂のマリオなどを遊びたい場合は、ニンテンドー3DSを購入する必要はある。しかし、PSPなどは腐女子向けの少女漫画みたいなゲームばかり販売されている状態だ。

いまAmazonの売り上げランキング100位までをPSPだけで見てみると、ほとんどがそういうゲームであり、100個見てみても1個も欲しいものがない。

こういうゲーム機でたまたま欲しいソフトが1本発売されたので買ったという状態になると、ゲーム1本のために3万円出費することになる。

 

ゲーム機はゲーム以外は使えないので買ったけど電源も入れずに放置しているという状態にもなりやすい。

ファイナルファンタジー5

昔のゲームをやると、今のゲームと大きく異る。スーパーファミコン時代まではゲーム1本のクリアー時間は24時間以下であった。それが最近のゲームは大容量になり50時間くらいかかる。

昔はゲームカセットの容量が限定されていたため、作りても無駄を削ったり、努力があった。無駄な文章の会話もないし、無駄すぎる演出やダンジョンや街も減った。

 

それが最近のゲームはとにかく大容量になり、無駄なストーリーや多すぎるテキスト会話、読んでも読まなくてもいいような内容があふれていたり、とにかく作りてもだらだら容量があるからと詰め込んでいる感がある。

これが昔の完成度が高いゲームとの大きな差である。

 

ゲーム機を買って実際にゲームをするのは何本だろうか?

この疑問を自分に当ててみると年間で1本、ゲームを買うか、買わないかのサイクルなのである。だから、ゲーム機は非常に割高だ。

タブレットでも軽量で持ち運びが容易なiPad miniはとても気に入っている。録画したテレビを見たり、ネットでニュースを見たり、ゲームも出来るからだ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。