2014
05.02
PAK86_yabainomicyatta20131223500.jpg

平成26年4月から70歳以上74歳以下の医療費自己負担割合が変わりました

コラム

病院を受診すると、医療費の一部を窓口で支払いますが、
医療費の自己負担割合は、法律で年齢別に決められています。
原則、0歳から小学生までになる子どもは2割、小学生から69歳は3割、
70~74歳は2割、75歳以上は1割です。
※別途、収入や地方自治体により決められる場合があります。

PAK86 yabainomicyatta20131223500
70歳から74歳の方の医療機関での窓口負担(自己負担)割合は、
法律上2割となっていますが、これまで特例措置により1割で運用されていました。
しかし、この特例措置により70歳から74歳の方の負担が
前後の世代に比べ低くなるという状況があり、2014年4月より
この特例措置が見直されることとなりました。

見直しにあたっては、高齢者の生活に大きな影響が生じることのないよう、
平成26年4月2日以降、70歳の誕生日を迎える方から段階的に実施されることとなります


①平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方
(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)
・70歳の誕生日の翌月(ただし、1日が誕生日の方はその月)の診療から、
 窓口負担割合が2割になります。
・一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
・窓口負担額には毎月の負担上限額が定められていますが、
 70歳から2割負担となる方は、69歳までと比べて上限額が下がります。


②平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方
(誕生日が昭和19年4月1日までの方)
平成26年4月以降も医療費の窓口負担割合は1割のまま変わりません。
・一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
・窓口負担額における毎月の負担上限額も変わりません。


今回の医療費のほかにも、平成27年8月からは、
介護保険サービス利用費の個人負担割合が1割から2割に引き上げられる予定です。

これからの負担増に備えて、保障を備えることも大切ですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。