市販ドリルでも中学受験は結構な金額が掛かります

コラム

小学校1年生ですが市販のドリル代が結構、掛かってます。

いままでダイソーやセリアで売っている教科書レベルを意識した学習を1冊100円で何冊も何冊も繰り返し消耗してきました。それからZ会のグレードアップやトップクラス問題集、論理エンジン、特Aクラス問題集、きらめき算数脳、きらめき思考力パズルを購入して繰り返し、コンビニでA3コピーしては使用しています。何だかんだで1年生の市販のドリル代は3万円くらい掛かっています。

2年生も同様に行こうと思います。なので2年生でもドリル代は年間で3万円くらいは掛かりそうです。

 

3年生になるとさすがに市販のドリルだけではなくZ会の通信教材もヤフオクで未記入でも出てくるケースがあるので安価に買おうと思います。

小学校低学年の1年生、2年生、3年生、それに受験の土台を作るという4年生までは市販ドリルと中古のZ会で安価に押さえるとしても1年生で3万円、2年生で3万円、3年生で5万円、4年生で5万円は掛かります。3年生からは社会と理科も加わるのでその市販ドリル代が加算されます。

兄弟がいるとドリルもコピーして使い回しをすればコスト削減になりますが兄弟別々で塾に通うとなると結構な金額になります。

市販ドリルやZ会くらいなら塾の進学塾や個別指導に行くよりは遙かに安いです。でも、子育てにはお金が結構、掛かりますね。自宅学習で使用しているノートや消しゴム、鉛筆などの消耗品も100円ショップで安価に買っています。赤青鉛筆もメーカー品を買うと高いですからね。使い心地は気になるほど差を感じません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。