山手線で痴漢が線路内に逃亡し、大幅に電車が遅延した事件の結末

コラム

アーッ!!

こんな事件あったなぁというニュースです。

痴漢訴えられ逃走男逮捕=山手線ストップさせた疑い―警視庁

JR恵比寿駅(東京都渋谷区恵比寿南)で8月、痴漢を訴えられた男が線路上に飛び降りて逃走し、山手線が一時運転を見合わせた事件で、警視庁渋谷署は11日までに、威力業務妨害の疑いで、文京区大塚、会社員岩崎真護容疑者(34)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8月21日午後7時10分ごろ、恵比寿駅ホームで、転落防止ドアを乗り越えて線路に侵入し、約25分間にわたり電車の運行業務を妨害した疑い。

 同署によると、岩崎容疑者は山手線の車内で20代の女性会社員に「尻を触られた」と訴えられ、恵比寿駅で下車。ホームから飛び降りて線路上を横切り、フェンスを乗り越えて逃走していた。

 周辺の防犯カメラの映像などから岩崎容疑者が浮上した。同署は都迷惑防止条例違反容疑でも調べるが、逃走の動機について詳しく話していないという。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1359888

 

痴漢冤罪はサラリーマンには一生モノですよ。裁判での判決は絶対に悪いものになります。これで会社はクビですよ。

法律には疑わしきは罰せずというのがありますが痴漢にはまったくこれに該当しませんね。

逃げるしかないと言うのも分かります。法律どうにかならないですかねぇ。どう考えてもおかしいですよ。

 

でも、痴漢する側も事実、減りません。ものすごくいっぱいいる。それが罰することができなくなりますがあまりにも女性側の主張が有利すぎます。嘘を言っても逮捕され、結局、無罪となったとしても女性を訴えることは出来ないわけですからね。

騒いだ人勝ちみたいな状況はどうにかした方がいいと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。