就職氷河期世代もついにリストラ対象。住宅ローンなどがキツく生活が苦しい

コラム

2016年、2017年はリストラという話が殆どなかったのですが2018年になるとリストラが増加しています。

大手メガバンクのみずほ銀行、三菱東京UFJ、大手電機メーカーのNEC、リコー、富士ゼロックスなどがリストラを大量に実施します。この他にも製薬会社や製薬卸の営業がリストラされています。

小規模のリストらで50名や100名程度の早期退職というリストラも頻繁に登場しています。

専門職の研究員などを抱えているところが子会社を閉鎖するなどでまとめて部署ごとリストラするというケースです。会社本体は赤字でもないのにリストラをする傾向が増えています。

リストラの対象は45歳以上です。これくらいになるとリストラされる傾向が強いです。

 

日本は未だに終身雇用制度です。

新卒一括採用を入り口として、そこから運良く長く長く雇用されている人がラッキーなわけです。リストラされると条件を悪くして収入を減らした転職しかありません。

就職氷河期組は正社員にもなれていない人が多く、正社員になれていても研修なども十分に受けておらず管理職にもなれず、リストラ対象になるわけです。そう氷河期世代もそろそろリストラ候補に入っているわけです。

求人採用が活発なところは若いところです。

自分の子供が勉強して大学を出て、大手に就職すれば安泰というわけでもなく、リストラなど雇用不安を抱えて生きていかなければ行けないわけです。

 

日本は先進国と比較して労働生産性が恐ろしく低いです。

早く仕事を終わらせてすぐに帰るという文化はなく、残業している人のほうが仕事をしているという雰囲気です。残業するためには無駄な時間をいっぱい抱えて時間を引き伸ばさないと身体が持ちません。

自然と時間に拘束されて生産性を高める仕事はしていないわけです。賃金も残業で変化することが多く、効率よく仕事をする人は稼げない仕組みです。時間あたりの労働を考えているため、仕事ができる人にも同じ給料でも仕事ができない人が終わらない仕事を押し付けたりもします。これでは生産性があがりません。

 

こう考えると日本というのは古い終わった社会主義国家です。古いと表現したのは社会主義国家が機能しなくなった崩壊近いシステムだからです。

社会主義国家でも1ドル300円のときはうまく回っていました。いまは駄目です。年金制度も完全に崩壊しています。制度は維持できないので死ぬまで働けという雰囲気を政府は出しています。

そのうち健康保険証もいまの水準を維持できなくなるでしょう。この健康保険証を維持できなくなると日本人の平均寿命は恐ろしく下がることでしょう。

日本人は寿命は高くても健康寿命は決して高くありません。なので老後も仕事しろといっても統計的に無理なのです。

 

こんな状態でも一生支払い続けないといけない住宅ローンを契約し、学資保険、生命保険、医療保険など保険を支払います。マイカーローンで自家用車を維持し、車体価格も高くなり、税金を払って駐車場も払って払って払います。家族全員の携帯電話代を払って誰もが大学に行くからと大学のお金を借りて大学へ行かせます。老後のお金なんて貯まるわけでもなく、いつもお金に困った状態が続きます。

たまたまいまは世界的に景気がいいのですがどこかで悪くなります。景気は変動します。その時が地獄です。就職氷河期世代は45歳から55歳の間に地獄のリストラが来るでしょう。様々なローンを抱えている人は生活が苦しい状態になるものと思います。

 

このような状況なので私はローンもなく、お金は使いません。持ち家です。自動車も持っていません。自転車です。携帯電話も中古品を修理して使っています。電話回線はMVNOで月額1300円位です。

服もセールのときに7割、8割引になるとまとめて買ってストックしています。3年くらい着回して破棄するとストックから出すようにしています。なので下着類はイオンの在庫処分で100円~300円くらいになったものを買っていますし、ネクタイはダイソーの100円、スーツも12000円以下のものを購入し、5年位は着るようにしています。ダウンジャケットなどは10年は着るつもりで着ています。衣類はほとんど買いません。

ドラッグストアなどでは安売りの食べ物は買いますが薬は買いません。薬は高いので出来るだけ飲まないようにしていて必要ならネットで安く買います。例えば花粉症の薬などはネットで安く買います。本当に具合が悪いと医者に行きます。年に1~2回位です。

自転車も7年以上乗っています。Amazonでブレーキやタイヤなどを安く購入して自分で部品交換をして長く乗っています。まだまだ乗るつもりです。リュックサックも10年以上使うつもりです。

ノートパソコンもDELLのセールで3万円以下になったものを購入して5年以上普通に使っています。様々なものを安く買っては長く使っています。生活必需品以外はお金を使いません。

動画はyoutubeやAmazonプライム・ビデオを見ています。音楽も買いません。Amazonプライムミュージックを聴いています。本は図書館で借りてきますし、雑誌も図書館で見ます。メディアにはお金は使いません。

なので自分の人生でもっともお金がかかるのは子供の教育費です。でもこれは仕方がないかなと思います。逆に教育費以外は何もお金を使いません。

100円ショップで買えば済むようなものは100円ショップで済ませています。充電ケーブルやLEDライトなどはよく100円で購入します。最近は電池なども100円で購入しています。

修理したりしてお金はほとんど使いません。そういう生活をしていないと不安です。修理をしたり、自作したり本当にお金を使いません。散髪も自分でセルフカットしているので床屋にも行きません。ヘアワックスは100円ローソンの安いヘアワックスを使用しています。

これでも年々お金をもっと使わないように研究しています。研究して減らしても同時進行で教育費が増大していきます。なので節約しても教育費が肥大してきますので毎月に貯金できる金額は横ばいだったりします。

今日も節約を考えてもっと何か出来ないかと考えて生活をしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。