2014
08.20
スクリーンショット 2014-08-20 6.49.40.png

小学生を泣かせたクソゲートランスフォーマーコンボイの謎がスマホゲームに登場し100万本売れる

コラム

絶対にクリアー無理として有名なクソゲーでファミコンのトランスフォーマーコンボイの謎というのがありましたがこの度、アップルストアーやGoogle Playで販売され、スマホ用ゲームとして販売されました。

既に話題性で100万本売れています。

スクリーンショット 2014 08 20 6 49 40スクリーンショット 2014 08 20 6 50 05

これ、当時小学生だった私、買いましたよ。親に買ってもらいました。5000円位、1本のファミコンソフトがしていた時代です。

 

私の小学生時代は、トランスフォーマーや聖闘士星矢が大ヒットしており、トランスフォーマーのクルマなどが変形し、更にロボットになり、またまた5体が合体し、巨大ロボットになるなんて言うのは、子どもたちには大人気だったわけです。その他にもゾイドなんかもありましたね。

 

そんなに大人気だったわけでファミコン版のトランスフォーマーコンボイの謎も売れまくったわけです。ファミリーコンピュータマガジンとか買ってみていました。

この時代のゲームはゲームバランスが最悪。子供は無理だし、大人すらクリアー無理。アトランティスの謎なんていうゲームも最悪で100面あり、クリアー不可能。こんなゲームを今みたいにレビューがネットにあるわけでもなく、パッケージを見て知らずに買っていたわけです。最悪です。

 

光線銃の先駆けダックハントもソフトだけ買って、光線銃は販売終了し、ただのゴミソフトになったりですね。本当に凄い時代でしたよ。いまじゃ考えられません。

 

そんな暗黒時代で散々、子供を泣かせたトランスフォーマーコンボイの謎です。

まずキャラが小さい。敵の弾が高速で沢山出る。実機の動きが悪い。それなのに今は普通のパワーメーターやバリアーもない。とにかく敵に接触したり、弾に接触すると即死です。

 

即死コンボで無理過ぎるゲームでした。2面に行ければいいくらいです。今だったらリコールしたいくらいのゲームです。

昔と比べれば今の消費者はネットの評価やレビューを見て、無駄に失敗したくないと思うわけです。賢い選択ですよ。なので買ったけど失敗したというものは本当に減りました。逆にメーカーなど売り手は漁夫の利みたいなことはなくなったわけです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。