小学校1年生から6年生までの勉強計画がようやくできあがってきた

コラム

小学校1年生から6年生までの受験計画の準備が整ってきた。次のようなものである。

1年生 ダイソー、セリアの100円ドリルを10冊以上繰り返し、トップクラス問題集(徹底理解)、特Aクラス問題集、Z会市販問題集、作文天国、点線図、サピックスひらめき算数脳、論理エンジン、Z会さきどり理科・社会、NHK Eテレ教育番組 地図、公文の日本地図パズル、まんが日本の歴史、風呂で毎日かけ算九九の読み上げ、図書館の本を毎週5冊

2年生 ダイソー、セリアの100円ドリルを10冊、栄光ゼミナール問題集、点線図、作文天国、サピックスひらめき算数脳、論理エンジン、トップクラス問題集(徹底理解)、特Aクラス問題集、アルファベット、ローマ字、Z会さきどり理科・社会、NHK Eテレ教育番組 地図、公文の日本地図パズル、まんが日本の歴史、図書館の本を毎週5冊

 

3年生からZ会の中学受験コースがはじまるのでこれをやる。サピックス通塾の問題も良く出来ているのでこれもやる。、作文天国、英検5級取得勉強、Z会3・4年市販理科・社会、NHK Eテレ教育番組 地図、公文の日本地図パズル、まんが日本の歴史、スタディサプリ

4年生 Z会中学受験コース4科目、スタディサプリ、作文、まんが日本の歴史

5年生 Z会中学受験コース4科目、スタディサプリ、受験対策問題、作文

5年生のここまででZ会の中学受験コースを完了させると6年生までの勉強がすべて5年生が終るところで完了する。これが重要だ。

6年生 受験対策問題、過去問、面接練習、作文

 

もっと参考書や問題集を大量に用意するべきか考えたが受験する中学校のレベルは麻布中学とか御三家なんて意識していないのでこれくらいで十分だし、あまりやり過ぎると勉強量が多すぎるし、勉強時間も無駄に増えてしまう。Z会の中学受験コースは4年生と5年生だけでも十分な理科と社会の量なのでこれはこれでいいと思うが国語の長文読解があまりにも少ない気がするこれは状況を見て考えたいと思う。

いまはまだ小学1年生なのでこれくらいで計画をしてとにかく受験の歳である6年生はひたすら受験勉強だけに専念出来るようにしないと時間が全然足りない。そうなると1年早く授業が終る中学受験コースと同じような内容になってしまう。

あとは定期的なテキストを4年生までは四谷大塚や日能研で無料テストを実施しているので年4回くらい受け、5年生と6年生は有料のテストを受けるかは検討したいと思う。

2020年の教育課程が大幅に変わるため英語が義務教育になりプログラミングの授業も開始されるということなのでその対策もする必要がある。とりあえず3年生で中学1年生に習うことになるような英検5級を目指して対策を練ろうと思う。

Z会中学受験コースは、1冊だけ単に終らせると意味がないのでコピーして完全同じ問題を2冊ある状態にする。サピックスのデイリーサピックスのように同じ問題で復習を繰り返すスタイルを取り入れたいと思う。記憶の定着と忘却曲線による忘れてしまうことを計算して学習カリキュラムを入れたい。

塾では授業、宿題、テストとうまくカリキュラムが研究されている。この授業というところをスタディサプリで補い、宿題というところをZ会など自宅学習を徹底する。問題はテストというところだ。無料のテストなら年2回実施されているが毎月、進捗確認するようなテストとなるとなかなか自宅学習では難しい。Z会の問題集を虫食いにしてやらせてみるのがいいのか悩むところである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。