2014
04.01
PAK93_imashikanaidesyo1063.jpg

小保方晴子のSTAP細胞について理研が本日、最終結論を発表する。本人は欠席。

コラム

今日の午前中に理研がSTAP細胞について最終結論を発表します。

当事者の小保方晴子は欠席です。STAP細胞の不正や論文のコピペなど、姉歯建築士事件に匹敵する影響があったと言えるでしょう。姉歯事件により、建築士の資格取得は格段に難易度が上昇しました。小保方晴子による論文コピペ事件は、確実に論文についてコピペチェック体制を強化する流れになりそうです。

 

しかし、当事者がこれだけ急激に姿を消しておる状態であり、何故いないのかという疑問が深まります。

理系女子とかノーベル賞候補など、STAP細胞が発表されてから、直後はマスコミにも必要以上に出てきて、本まで出版されていたのですが、大衆雑誌などに不正疑惑が掲載されたり、すごくネットで叩かれたりしていましたが、当時はそこまでの事なのかと思っていました。

PAK93 imashikanaidesyo1063

これについては、ネットのいじめのように思えていましたが、事実がどんどん出てくると、自分が当初思っていたよりも世の中のほうが正しかったのかなと思えるようになりました。

それにつれてあれだけ最初はマスコミに顔を出していたのに今となっては何処で何をしているのかもわからないほど、雲隠れしており、これが納得できません。

今日の午前中に行われる理研の最終報告にすら出席がない状態であり、それが理研のSTAP研究リーダーであるのだから状況としても本当に納得できません。

 

ここに国からの研究費として、数百億円のコストが毎年流れており、雲隠れでは到底許せない気持ちがあります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。