家庭用ゲーム機の新作発売予定を知るためにファミ通をしっかりと見てみる

コラム

ファミ通の最新号を見ました。
ヤフオク!の毎日くじを引いていて20%還元される4等が当選したことにより、新品のニンテンドーSwitch本体を購入。
それを遊ぶために中古のマリオ、ゼルダ、カービィなどを購入しました。
買値が安かったので半年くらい遊んで売ってもそんなに損失なく遊べると思います。

 

久しぶりにファミ通でゲーム市場を確認するとニンテンドースイッチのソフトは定期的に発売されるものの、いま発売されている任天堂のゲーム以外はものすごく欲しいというものもない状態です。
PS4は、高画質グラフィックのリアルゲームかアニメの絵で絵師の画力がすごいものが多いです。こういったものはRPGなどが多く、自分の生活ではそこまでRPGに時間を使えないので年間消費があまりないのです。
それにRPGというのは中古になると価格が半年、1年と経過するとどんどん価格が下がっていきます。新作で欲しいということもないので中古でかなり安くなってから買ったりします。なので高くて2000円、安いものだと500円くらいで買ったりします。未だにプレステ3のゲームが消化できていませんのでこういう物を遊んでいても苦痛でもありません。
あまりゲーム本数が多くなってしまうとゲームすることやクリアーすることが目的になってしまい作業みたいになってしまいます。これはこれで本末転倒です。

 

若い時というか高校生や大学生のときはKOFとかバーチャファイターなど格闘ゲームが全盛期でしたし、プレステやセガサターンのゲームが豊富で色々買っていました。
RPGなどは絵師がうまいとそれだけで買っていたものもあります。
そういう気分で自分の余暇の時間を計算しないでとりあえず買ってみたというのが若いときでした。歳をとって、とりあえず発売日に買ってもゲームする時間も気力もなく、そこまで大量に消費できないことは分かっているのでお金はあまり出さなくなったという感じです。

 

いまでは家庭用ゲーム機だけではなく、スマホでもゲームが出来て本当に様々なデバイスでゲームが大量に出来ます。しかもケチなら徹底的に無料でも出来ます。
それ以外にも雑誌見放題や動画などでアマゾンプライムビデオやユーチューブなどもあり、何となく暇という時間を消費するようなサービスは自分が高校生だった1995年の時代よりもかなりあります。
スマホだって格安通信のMVNOなどを使用すれば安価に便利な利用も出来ますし、公衆無線LANもどんどん増えています。
ノートパソコンだってかなり安いです。お金を使わずに時間を消費する暇つぶしというのは本当に増えています。その中でゲームに使う時間が自分の中では減っているんだと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。