2014
10.27
スクリーンショット 2014-10-27 6.42.19.png

学生の内定者専用のローンがあるって知ってますか?主な利用は卒業旅行です

コラム

今の時代、正社員の内定を取ることは大変ですし、内定後は休日も社会人になると長期的に取れないということで卒業旅行を計画する人も多いです。

しかし、学生。自己資金で行くにはかなりアルバイトをしなければいけません。アルバイトで100万円を年間で貯めた人は、深夜アルバイトを積極的にやり慢性的に睡眠不足になっていました。

こういった風にアルバイトを積極的にやると内定を取得するのは難しいため、就職活動のみ本格的に取り組み、旅行代金などはローンを組もうという人もいるわけです。

東京都民銀行の内定者専用ローン

内定が出るとローンが組めるもので、金利は無担保であるため、8.8%もあります。消費者金融よりは安いですがマイカーローンよりは高いです。無担保ローンの部類になります。給与振込口座を指定すると金利が1%割引になるなどのサービスも有ります。

スクリーンショット 2014 10 27 6 42 19

商品名 大学卒業予定者ローン
ご利用
いただける方
つぎの①~④に該当し、かつ当行の審査に適合し、とみん信用保証株式会社(以下「保証会社」といいます。)の保証が受けられる方。
平成26年9月から平成27年3月に大学等を卒業予定の満20歳以上30歳未満の方で、同年4月以降のお勤め先が決まっている方。
お勤め先については原則として、東京及びその周辺に事業拠点があること。
原則として日本国籍または永住権のある方。
個人信用情報センターの事故情報の登録がない方。
ご融資の対象となる大学等は以下によります。
①学校教育法第9章に定める大学、短期大学および大学院
②放送大学 ③防衛大学校 ④防衛医科大学校
⑤気象大学校 ⑥航空大学校 ⑦海技大学校
ご融資の対象とならない大学等は以下によります。
①中小企業大学校 ②警察大学校 ③消防学校
④税務大学校 ⑤外国の大学
大学卒業前に既に就業している方は、ご融資の対象となりません。
取扱期間 平成26年10月1日(水)~平成27年3月31日(火)
お使いみち 自由(卒業旅行、自動車運転免許取得など健全な生活設計資金)
ご利用金額 5万円以上50万円以内(1万円単位)
ご融資期間 1年以上最長4年以内(元金据置期間最長1年+元金返済期間最長3年)
ご融資利率 年8.8%(固定金利)
金利の特典 ご融資後に給与振込を当行に指定していただき振込が確認された場合、年1.0%のの金利優遇の対象となります。 ただし、金利優遇の適用を受けるにはお客さまがご来店いただき、金利引下げの手続きをいただいた場合に限り適用されます。
新規融資利率 新規融資利率の詳細については、下記のフリーダイヤルまたは最寄の営業店窓口へお問い合わせください。
担保 不要
保証人 「保証会社」の保証付ですので、原則として保証人は不要です。
ご返済方法
毎月一定日に、ご指定の預金口座から、自動支払の方法で元利均等額をご返済していただきます。
次の①または②のいずれかを選択できます。
毎月元利均等返済方式
毎月元利均等返済方式と元利均等ボーナス月増額返済方式の併用
ボーナス返済部分の元金額は融資額の50%以内となります。
ボーナス月のご返済は、毎月分とボーナスの増額分の合計額となります。
保証料 保証料は金利に含まれています。
※「保証会社」への保証料支払は、当行がお客さまに代わって行います。
手数料
(消費税含む)
融資残高が10万円以上のご融資を全額繰上返済する場合は繰上手数料として3,240円が必要となります。
一部繰上返済の場合には手数料は不要です。
本商品には条件変更の取扱はございません。
お持ち
いただくもの
必ずご用意いただくもの
在学を証明する書類(在学証明書、学生証、卒業見込証明書のいずれかの写し)
内定通知書等の写し(外国の企業等内定通知書が発行されない場合は窓口にご相談ください。)
当行普通預金口座のお届印
当行普通預金の通帳
ご融資金の
お受取方法
原則お支払口座へのお振込となります。
返済試算額 店頭でお申し出いただければ、お客さまの返済額を試算いたします。
追加情報入手先 東京都民銀行クレジット業務センター 0120-103-893
受付時間/平日9:00~17:00(土・日等の銀行休業日を除く)
その他
お申込に際しては、当行および当行指定の保証会社の審査がございます。
審査の結果、ご希望に添えない場合もございますので、ご了承ください。
当行が契約している
指定紛争解決機関
一般社団法人全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室
電話番号 0570-017109 または 03-5252-3772

若いうちのローンは絶対にするな

若いうちのローンはバブル期にはよくありました。収入が増えるのは当たり前という状態でしたから。それで何とかなったのがバブル期です。

現代は、デフレが長期化しており、正社員の就職も厳しい状態です。賃金は低下しています。

 

学生の奨学金ローン利用率も50%を超えています。これだけでローンを抱えてスタートする人も多いわけです。そこに卒業旅行も加える人がいます。

ローンを安易に考え過ぎです。何年で返済すればいいと云いますが、色々出費はあります。その多くは結婚、出産、マイホーム、自家用車、教育費、医療費などなど一般的なものから、家族が増えれば食費、被服費、散髪代など様々な費用がかかります。

 

ローンどころか貯金を多く抱えていたほうがいいわけです。

学生時代のアルバイトは貯金し、使わないで社会人になっていく方が後々有利です。そうなると海外旅行など高額な出費は控えたほうが人生楽なのかということですが控えたほうが断然、有利と言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。