子どもが小学校を卒業するまでの教材費や塾代が凄まじい金額になることが判明

コラム

小学校の市販ドリルだけではなく、Z会やサピックスまで意識すると勉強に掛かる教材代金や塾代は凄まじい金額になります。さらにコピーする量も桁違いでその金額も莫大です。

小学校6年生までの勉強で子ども一人あたり、10万円くらいのコストならいいんですけどね。それでも二人いると20万円です。

共働き正社員の人なら、中学受験の勉強に一人あたり年間100万円くらいは掛けられるんでしょうね。6年生になると一人130万円くらいサピックスで掛かるので二人行くとなると260万円が6年生だけで掛かります。本当に教育コストは凄まじいですね。お金持ちじゃないと学力が伸びないと言われる理由が見えてきます。

質の良い教材と環境を手に入れるだけでも莫大なコストです。これが義務教育だけでは手に入らないのが現実です。

 

公文式も1教科1ヶ月で6500円くらいしますので2教科なら13000円くらいです。年間で156000円くらいは掛かるわけです。子どもが二人塾に行くとなるとそれだけで年間30万円くらい掛かります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。