大塚家具の大塚久美子社長は会社倒産の天才!!v字倒産

コラム

大塚家具の創業者の娘である大塚久美子社長って、歴史に残る人だと思います。

業績が悪化していた大塚家具と言えどもキャッシュも豊富で赤字ではなかったわけです。それをわずは2年半で倒産の一歩手前まで行って、身売り交渉するまでするわけですから、相当のスピード感です。

v字回復という言葉がありますがまさにv字倒産です。

株式相場をずっと見てきて、財務的にあれだけの規模になった会社でこれだけ短期間に倒産になるようなケースは、まず見たことがありません。

まぁ似たようなケースですとライブドアの上場廃止とかでしょうか。

もし仮に大塚久美子社長が社長就任し、会社から給料を貰い、接待費程度で飲み食いしたり、出張費で旅行に行ったり、社有車を乗って、運転手付きで好き勝手に生きていても5年経過したあところでこんな事にはならなかったと思います。

その分、取締役会をしっかりと組織し、各セグメントの管理職の配置を問題なくしていたら、そうなります。

でも、ここまで超短期間に破壊できる才能は凄まじいものがあります。

経営センスは、まったくないのに社長に固執し、現場殺しを凄まじくやりまくって、とにかくやってはいけない事を取りこぼしいもせずに全部やって、それも超短期間に進めたという状態です。

社員が可哀想です。

家族もいるだろうし、家計もあります。大変です。IKEAとかニトリ、島忠、家具屋さんは色々ありますので早く再就職が出来て、普通の生活ができたり、社員がこういった経営者に振り回されないで、普通に生活して普通に仕事を毎日迎えられる体制になったらいいと思います。

資本提携先を探しているという割にまだ大塚久美子社長は経営権を

譲らないといっているわけですから、最悪です。

でも、よく考えてください。親子で委任状争奪戦をした時です。誰が娘の

大塚久美子社長を選任したのですか?株主です。まぁ大株主で弱小個人投資家では

ないわけですけどね。

あの時の選択のミスが大きいです。誰が悪いかと言えば選んだ人です。そういう人は、大塚家具に投資をしているわけですから、損失を抱えるはずです。

「ざまーみろ」って展開ですね。

逆に大塚家具を久美子社長になってから空売りを仕掛けている人もいるわけです。

儲かったでしょうね。

そうは問屋が卸さないのです。大塚家具は空売り禁止銘柄にずっと久美子社長になってから、禁止になっているのです。最悪です。

空売りというのは、こういった感じでいかにもというところは、空売り禁止になるので使えないのです。したがって、大塚家具に関わる人はみんな損失ですよ。

こういう会社をどんどん空売りしたり、オプション相場でガンガン出来ちゃうのがアメリカです。日本というのは資本主義っぽい社会主義なんですよね。

一言で言うと弱小個人投資家は、儲からないし、不利に出来ているわけです。

それでも1000人いて、消費者金融に借りて信用二階建てでぶん回す人がいると億を稼ぐ人もいるわけです。

個人投資家というのは、プロ投資家からみると、いい養分です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。