圧倒的な勉強量を維持できる生活環境が子どもの学力を維持させます

コラム

子どもの教育費が掛かってくると出費がめちゃくちゃ増えます。

市販のドリルで自宅学習させるとしても進学塾で中学受験を意識したものと比較すると問題の量が圧倒的に少ないです。良問の問題を大量に解いているので進学塾の生徒は勉強が出来ます。自宅で同じ事をさせようと思うと問題の量が圧倒的に少ないです。市販ドリルでは殆どが勉強しない子を対象にした教科書レベルのものが多くあります。中学受験を意識した勉強をするとなると問題の量が少なく、良問を大量に手に入れることが出来ません。

通信教育のZ会中学受験コースや日能研、四谷大塚、サピックス、浜学園など大手進学塾の問題を手に入れて勉強をさせているならばいいかもしれませんがそうじゃないならば市販ドリルでは問題の量が少なすぎて次第に学力レベルが落ちてくる子が多いです。

そういった自宅学習が出来るような問題を大量に購入するとしても結構な金額が掛かります。これに習い事も加わります。水泳などの習い事をさせずに親が指導するのは大変です。結局、親が指導せずに習い事へ行かせる必要が出てきます。お金も労力も掛かります。

子どもが成長してくると衣類も掛かります。スポーツをするとスポーツ用品も掛かります。そういったものを色々購入していくと結構な金額になり、子どもが複数いるとそれだけお金も掛かります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。