2014
05.10
PAK86_yabainomicyatta20131223500.jpg

国の借金がついに1024兆円を突破。デフォルトはしないが国民生活は相当厳しくなるだろう

コラム

国の借金はついに1024兆円になりました。

小泉政権とか言っていた時に700兆円くらいでしたから、順調に増加していますね。何も考えていない人は国が破綻すると言いますが、問題はそういうことじゃないです。

 

破綻する前、つまりデフォルトする前に日本はもっと増税になります。社会保障も減るでしょうし、年金は破綻しませんが実質、ほとんど貰えないという状況になります。ゆうちょ銀行の貯金が多く、国民貯金と比較し、国の借金は問題がないと言っていましたが、これもだめになります。

PAK86 yabainomicyatta20131223500

今後10年以内に郵政は上場するでしょう。

上場したら、旨味のあるゆうちょ銀行とかんぽ生命、郵便事業などを切り分けるでしょう。既にゆうちょ銀行、かんぽ生命、郵便事業は分社化され、ホールディング体制になっています。

外資系は、金融業のゆうちょ銀行を徹底的に狙うでしょう。大株主になり、国民の貯金を合法的に巻き上げる政策を強行するはずです。

 

日銀は量的緩和やらインフレターゲット、アベノミクスと言っていますがその多くの資金は米国債の購入に使われています。

まだまだ日本はデフォルトするわけがありません。伝説のディラーとか言っていた藤巻なんとかという人は、年末には日本は破綻すると、何度も本を書きました。

日本がデフォルトするという人は大嘘つきです。そう簡単に先進国はデフォルトしません。

 

デフォルトしなければ、国民は幸せかといえばそうではないでしょう。

日本は戦時中でも欲しがりません勝つまでは、月月火水木金金という言葉があったようにアジアはとんでもなく奴隷的に国民を徹底的に使います。

嘘の新聞を戦時中にも報道していました。快進撃と。

 

こういう嘘ニュースもいまになっても何も変わりません。

アジア人は死ぬまで働けという精神で動いています。だから、どんどん増税をします。増税して苦しくなっても日本人はおとなしいので暴動はしません。

政府はやりたい放題です。国の借金は家庭の借金と違い、いくらでも借金はできます。ただし、円の価値は下がるでしょう。貯金をしていても目減りする日が来ます。既にそうなっているでしょう。

 

かといってジンバブエ・ドルのように紙幣を一輪車いっぱいに運んで買い物をしなければいけないという状況にもなりません。

まさに生かさず殺さずという状態が続くわけです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。