2013
12.17
スクリーンショット 2013-12-17 22.15.32.png

公衆電話が20年ぶりに値上げ。現在の1分10円から、57.5秒10円に2.5秒分値上げ

コラム

公衆電話の料金が20年ぶりに値上げされます。

値上げの内容は次のとおりです。

スクリーンショット 2013 12 17 22 15 32

公衆電話の値上げ内容

市内、市外の両方の通話時間を、現在の1分10円から、57.5秒10円に2.5秒分値上げ

20キロメートルまでの市外通話は現行の42.5秒10円から40.5秒10円に2秒短縮する。


公衆電話も消費税が上がるため、20年ぶりに値上げとなりました。10円玉やテレホンカードを使うことには変わりがないですが減る早さが速くなります。

値上げ開始時期は、明確ではないですが4月の消費税増税時期になると思われます。


NTTは1月に値上げの申請を総務省に提出します。


公衆電話はずいぶんと減りましたね。

公園などにはありますが東日本大震災時期は、携帯電話がつながらず、公衆電話が無料開放されました。

公衆電話に深夜でも長蛇の列が都内でも確認されました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。