2014
05.22
PHM16_0848.jpg

全国の歯科医を調査するとドリルを人ごとに殺菌していないところはなんと7割も

コラム

歯医者に行くと歯を削るドリルを使用すると思いますが全国の歯科医の7割がこのドリルを使用した人ごとに洗浄、消毒していないことが分かりました。

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

これは歯を削るドリル部分です。

 

まぁ歯医者に行っても紫外線で殺菌したり、加熱している様子も無いですね。でも、ちゃんとやっている昔からの歯科医は加熱殺菌するために火を準備していたりもしますが最近の歯医者はそういうのを見たこともないですね。

簡易的な医療椅子(歯医者で使用するもの)もそういった加熱殺菌用の火炙りする日を付けるようなものも無いですね。

PHM16 0848

こういうので他人とのこうないせっしょくをして、ピロリ菌や虫歯菌が感染したりします。

これはどうしようもないですね。歯医者というのは、医師免許を取得し、再生がほぼ無理な歯を削る仕事をしているのですが、仕事の質にどうしてここまで差が出るのかと思えるくらい違いが大きいです。

 

会社こそ、近所の口コミが重要であり、評判のいい歯医者を探すのがほんとうに大変です。

歯医者はコンビニの数よりも多い状態です。独立開業しなければ仕事を出来ないというのが理由ですが、個人開業医の医院を借りて雇われ歯医者が交代で診察しているところも最近は多くなってきました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。