入院時の食事代(自己負担)が大幅に増加することが決定

コラム

入院する費用も今後増加傾向のようです。

入院時の食事負担が大幅に見直しをされます。現在の原則260円から、倍近くの460円に引き上げされます。入院時の食費は1食640円と定められていて、患者はこのうち食材費分として260円を負担することになります。

 

まだまだ現役世代で、医療保険や生命保険のお世話になることはないのですが早い人では45歳から増加傾向にあり、60歳から本格的に生命保険や医療保険、病院の世話になる傾向が強まります。

今のペースで行くと25年後ですね。

 

この頃は、財政悪化と少子高齢化、人口減少など様々な理由で、医療費の自己負担は今の2倍以上に確実になると思います。

結局のところ、保険会社も損するわけには行きませんので支払ってもらった金額以下になるようかなり巧妙に計算をしています。信用できるのは自己資金です。

 

貯金はある程度無ければ行けませんし、貯金が十分にあるならば医療保険の掛け捨てなどもいらなかったりします。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。