何もしない平凡な生活を健康で生きられることこそ幸せだ

コラム

10月は中学受験をどうするのか計画を立てて問題集を買い集めては悩んで悩んで夜も安眠できず、寝ても4時間ぐらいで目が覚めてしまい、そのまま朝まで眠れずという日々が続いていました。

非常に睡眠で苦労していたのですが12月になると中学受験の問題集集めも計画も終わり、何も考えることもなくなると7時間寝てもまだ眠いです。途中、目覚ましで起きると寝起きが悪く、だるさが続きます。風邪薬を飲んでいるからよく眠れているのかも分かりませんがとにかく眠い状態です。

休日の夜は夕飯時くらいからうとうとしています。なので風邪薬の影響ではないと思いますが眠いです。

朝方、トイレに起きることもありますがいままでは一度起きるとそのまま眠れず、スマホを操作したり、動画を見たりしてしまうこともありました。いまは違います。どうせやってもやらなくても自分の人生には必要もないことだからやらないで寝ていようという気持ちになります。頑張らないでゆっくり生きようが最近のコンセプトです。

風呂に入っていても幸せ

風呂も薪で沸かしたり、水を汲んで入れることもありません。お湯張りボタンを押すだけで熱々のお風呂があっという間にできあがります。安価な入浴剤を入れれば濁り湯もすぐに出来ます。寒い冬に暖かい風呂に入るのもこんなに簡単に出来ます。布団も羽毛布団で暖かく眠ることが出来ます。衣類だってダウンジャケットを羽織り、軽くて動きやすく暖かいです。この他にも昔なら高価で手が出なかった物や苦労するものも安価に手に入ります。非常に暮らしやすいです。これだけ色々そろっているならこれ以上何を求めるのか?

自分が幸せを感じて満足していればそれでいいのではないか。一番大事なことはどこも身体が痛くなく、病気を抱えていることもない健康です。健康であれば幸せです。若いときは健康なんて当たり前で意識することもありませんが歳をとると健康で五体満足、節々も痛くもなく快適に過ごせるだけで凄いことです。すごく幸せです。この当たり前を維持できることが人生凄いことです。

だから最近はあまり何かを欲しがりません。欲しくもないし、物を買うために特別仕事をいっぱいする必要もありません。仕事でお金を稼ぐくらいならお金を使わず自分の限られた時間を大切にしたいものです。時間は有限ではなく寿命も老化もあります。とても大切です。でも、カツカツに時間をぎゅうぎゅうに詰め込んで生活するのも意味がありません。優雅に自由にゆったり生きることこそ時間を高価に使用することになります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。