休日の過ごし方。つめ込まないで早寝、早起きの生活でゆとりをもとう

コラム

最近、またジムへ通うようになりました。これはダイエットなどではなく、健康を意識してです。

筋肉を増やすためには2〜3日に1回の高負荷を掛けるのがいいので週2回のペースで行っています。腹筋、上半身の筋トレ。その合間にランニングマシンを30分程度行っています。ランニングマシンで運動をする方が平面ですし、風の影響も受けず、ストレス無く走れます。

平日は、会社を定時で帰り、ジムへ行きます。1日は平日、もう1日は土曜日に行くようにしています。

 

食べ物について

気が緩んで健康になったし、痩せたのでということで少し、甘いモノを食べることがちょくちょくあります。これで0.5キロ増加しました。

これでは不健康なので飲み物はブラックコーヒーと炭酸が飲みたい場合は、炭酸水。主食と副食のバランスを良く食べて、牛乳を飲む。ジャンクフードやカップラーメン、スナック菓子は一切食べていないのですがせんべいなども控えるようにしようと思います。

 

休日の早朝はスタバで気分転換

週末の楽しみは、朝の7時に開店するスタバに行くことです。1時間行って、別のスタバに移動し、コーヒーをおかわりし、1時間。2店舗回って10時位までパソコンをやったりぼーっとしています。

何となく家族とずっと一緒ではない一人の時間が欲しくなって早朝に行っています。比較的空いていますが9時頃から混雑してくるため、帰るようにしています。朝、コーヒーを飲みながら新聞を読むという人も多いですね。

1杯目とおかわりで合計2杯のコーヒーを飲んで410円です。

 

ブログなんかもここで一気に1日〜2日分を書き、表示をタイマーセットします。

 

11時〜14時は子どもと外遊び

冬の時間は、意識して正午前後に外遊びをしないと寒いため、この時間帯を狙って遊びます。15時半から、どんどん気温が下がってくるのでその頃は家にいるようにしています。

 

公園に行ったり、自転車の練習をしたり、たまには遊園地へ行ったりもします。気温が寒くなって日中が短くなってきているので比較的近くの公園になりやすいです。

 

15時からは図書館

子どもと一緒にいる時間が終わると一人で図書館へ行きます。子供向けの絵本を5冊くらい借りることと、自分は雑誌を図書館で一通り読みます。図書館では雑誌だけを見て帰ります。自分の本も予約していたものを受け取り、これを平日の通勤時間帯に読みます。

日経新聞も平日に読むようにして、休日は読まないようにしています。極力、ネットを無駄にだらだら見ないように注意しています。

ネットが一番時間を無駄にします。ムダにするだけならいいのですが変に眼精疲労など、疲れるのが一番悪い状態です。

 

17時からは録画した映画を見る

WOWOWで録画した映画などを見たりしています。子どもとTVゲームをすることもあります。

自分は通勤時間に図書館の本を読んだり、ニンテンドー3DSでゲームをしているので特に休日にゲームをしたいとは思いませんが子どもと一緒にマリオをやったりしています。やっても30分〜60分位でやめています。

 

休日は必ず映画を1本見るようにしています。

 

比較的早くお風呂に入る

お風呂では防水のXperiaタブレットで録画テレビを見ます。お風呂でテレビを見ながらゆっくり入るのがストレス解消です。

比較的早い時間にお風呂に入ります。18時ぐらいです。それで19時にはご飯を食べて、休日は22時位には寝てしまいます。

筋トレで疲れている身体を回復させるためにも早く寝るようにしています。平日は22時半または23時には寝るようにしています。

無駄にネットをダラダラ見ない

何となくネットを見て、ニュースや2ちゃんえる、ブログなんかを見ないようにしています。Amazonや価格ドットコムも出来るだけ見ないようにしています。そうするとネットに触れる時間って天気予報とスマートニュース程度で十分だと分かります。出来るだけ接しないようにしています。

 

無駄にショッピングモールへ行かない

何となくショッピングモールへも行かないようにしています。

年末はお店が混雑します。しかし、特に絶対に欲しいというものなんてないのです。なので出来るだけ行かないようにしています。

買い物はスーパーに行くくらいで1周間の食材をまとめて購入します。それ以外はお店には行かないようにしています。

何となくぶらぶらしても何も得るものもなく、買いたいものすらない状態なのでいい加減行かないように決めました。

 

規則正しく生活をしているならば睡眠時間が7時間、8時間は決して長くありません。変に昼間に寝たり、お昼まで休日は寝ているという方がダメです。朝早く起きて、比較的早く寝る方がいいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。