2014
01.17
スクリーンショット 2014-01-17 6.16.46.png

任天堂の株価は相当厳しい。とにかく次世代ゲーム機Wii Uは今後も売れることはない

コラム

JPモルガンが任天堂を格下げというニュースが流れたが、当然だと思いました。

 

年末年始は、任天堂も今期の決算を集中的に引き上げるため、ニンテンドー3DSのソフトをとんでもなく投入しました。

 

モンスターハンター4

ポケットモンスターXY

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

カービィ

マリオパーティ

 

などなど。

 

更には、ニンテンドー3DSで2本買うと1本プレゼントというとんでもなく、バラマキセールも実施していたのです。

それでもかなり厳しい状況でした。会社が言う決算には到底、到達できないでしょう。

スクリーンショット 2014 01 17 6 16 46

すべての原因は、Wii Uの大失敗にあります。

横井軍平の理論

横井軍平というファミコンを開発した人が任天堂にいました。その人の持論が「枯れた技術の水平思考」というものがあります。これは、最新の技術を追いかけるソニーやマイクロソフトとは逆の考えで、最新技術は取り入れずに1世代前の技術で勝負するというものです。

 

こうすればハードの開発費が抑えられます。この理論でいつも任天堂は他社は本体を売ると赤字。ソフトが売れて儲かるという経営構造とは一変し、本体を売っても儲かるという体質でした。

ハイビジョン画質への対応

ゲームは既にソニーのプレイステーション3でハイビジョン画質の対応が進んでいましたがWiiはずっとSD画質であり、液晶テレビなど地デジが普通になると画質が悪すぎるという状態がありました。あっという間にゲーム機の人気は終了します。

そして、次世代ゲーム機Wii Uを発売しますがプレステ3よりも性能は劣ります。そして、巨大なタブレットのようなコントローラーは価格は高く、テレビに映し出す画面をコントローラーにも表示するだけで使い道は今のところ何もありません。単に重いだけのコントローラーであり、テレビモニターを使わずにコントローラーだけで携帯ゲーム機のように使用できるのかといえば、同じ部屋程度しか電波は届かず、さらにメリットがない仕組みとなりました。

 

ハイビジョン画質についても任天堂はとんでもなく遅れており、開発が未知の世界で苦労していました。これがゲーム機を作れない理由にもあります。

ネットワーク対応が出来ない

ソニーはプレステ3のときにネットワークを構築し、ゲームの対戦などを遠隔の知らない人とも出来る状態を提供していましたが任天堂では、この構築がやはり未経験分野であり、構築ができていない状態です。

 

 

私もWii Uを販売後、半年くらいで買いましたが2ヶ月で中古で売りました。

買うソフトが殆ど無いくらい販売しません。それにこれだけ失敗と難航している状態なのです。任天堂の次世代ハードは世界的に失敗しています。過去、これほど失敗はありません。

ニンテンドー3DSも3D機能が気持ち悪いと消費者に受けず、25000円で販売した本体を15000円の大幅値引きをして販売する事に方針を変更しました。それでなんとかニンテンドー3DSは普及しましたが売れば売るほど赤字になる体質が改善されることはありません。

任天堂の経営は現状、相当厳しいし、これが改善するにはさらに次の世代のハードに移り変わる2年、3年後にならないと難しいと思います。Wii Uの状態ではもう無理です。

ゲーム業界が厳しい

任天堂だけがゲーム業界でいいとも言えません。ソニーのVITAも販売前はPS3が携帯ゲーム機化すると宣伝していましたがソフトがほとんど販売されていません。したがって本体も売れていません。

 

要約プレイステーション3が売れる状態になっています。これが来月にはプレステ4の発売となりますが、売れるとは思えません。初期ロットから2年位は日本国内での販売は相当苦戦するでしょう。プレステ3とも互換性はなく、ソフトの発売も少ないからです。

 

ゲーム業界は全体的に儲からない状態になっていると言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。