2015
01.17
PAK96_ameamerunrun1299500.jpg

他人の犬は危険だから近寄るなという習慣が必要!小学校2年生の女子顔面左目裂傷

コラム

これはヤラレ損になるかも?

 

飼い犬が女児にかみついたのに救護せず立ち去ったとして、和歌山県警御坊署は15日、同県御坊市湯川町小松原の主婦、中岡亜樹子容疑者(32)を過失傷害、保護責任者遺棄などの容疑で逮捕した。女児は左目裂傷や左手骨折など重傷を負った。

 逮捕容疑は昨年9月3日午後4時35分ごろ、自宅近くの神社で飼い犬(体長約70センチ、体重約35キロ)をリードなどでつながずに散歩中、犬が小学2年の女児の顔などにかみついたにもかかわらず、救護活動をせずに犬を連れて立ち去ったとしている。

PAK96 ameamerunrun1299500

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00000119-mai-soci

 

こういった話は度々ありますが子供を持つ親として、他人の犬は危険だから近寄っては行けないという話を常日頃からしていないといけないとうことですよね。

 

体重35キロの犬となると大型犬になります。どういう犬なんでしょうか。リード無しといってもリードがあっても32歳女性が暴れる犬を制御できたとは思えません。

 

小学校2年生の女子は、顔に噛み付かれ左目裂傷、骨折など重症ということなのでかなり深刻ではないでしょうか。目は失明でしょうし、顔も相当な状態で針で縫うようなすごい状況になっているのではないでしょうか。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。