2014
06.23
スクリーンショット 2014-06-23 6.37.20.png

今年は、エアコンの掃除をダスキンに頼むことにしました

コラム

今年は、エアコンを新品で購入してから、4年目になり、さすがに少し臭ってきました。

電源を入れると、少し換気扇のような臭がします。内部を見てみると、熱交換器はあまり汚れていない用に見えるのですが内部で扇風機のように回転しているシロッコファンが油汚れでめちゃくちゃ汚れた換気扇のようになっています。

 

キッチンが近いので換気扇をしていてもエアコンが油汚れを吸っていたようです。

こうなると、ドラッグストアやホームセンターで販売しているエアコンクリーナーでは絶対に落ちません。だいたい2本で千円くらいで販売しているものです。

汚れは落ちませんが香料をぶっかけて臭いを取るのでファブリーズを掛けても一緒です。

 

しかし、汚れは一切落ちません。

 

ダスキンのエアコンクリーニング

今年は、ダスキンのエアコンクリーニングを使用することにしました。12000円くらいです。

おそうじ本舗はダスキンよりも安いイメージが有りますが11000円です。知り合いでおそうじ本舗とダスキン両方にいますが、どっちも大きな差はないですがダスキンは研修制度が歴史があるのでやはりしっかりしている点とネームバリューがあるようで、圧倒的に家庭用では掃除をダスキンに頼もうという人が多いようです。

 

おそうじ本舗は賃貸の入れ替えによる不動産絡みの掃除が来たりするようです。まぁどちらも好みで選択すれば問題ないという範囲でもあります。

スクリーンショット 2014 06 23 6 37 20

ダスキンはエアコン掃除をして、その排水も垂れ流しにせず、自分で回収するようです。

でも、アルバイトを使っていたりもするので、結局のところ上手な人が来ればラッキーというかんじでしょう。

 

人を派遣してもらい掃除をするというのは、結構、所得に余裕がある人は利用しているようです。換気扇1箇所に掃除に来てもらい作業は2時間、12000円となると人を派遣する割にそこそこ安いような気もします。

 

エアコン掃除は、エアコンの設置もそうですが7月、8月などエアコンがピークとなる暑い時期は人不足になり、対応が難しくなります。

早めに依頼をしておくといいと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。