2013
12.17

今年のゲームオブザイヤーが発表されたぞ!任天堂ばっかり安定の大人気

コラム

海外の有名なゲーム情報サイトで今年のゲームオブザイヤーが発表されました。

発表内容は次の通りです。主にニンテンドー3DSが選ばれています。これはこのゲームオブザイヤーが3DSとWii U限定だからです。


まぁ例年通り、任天堂のゲームソフトばかりになりました。

任天堂のゲーム機は、任天堂専用機で、それだけ買っていればハズレはないということでしょうか。

・ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 9/10
・ポケットモンスターX・Y 8/10
・とびだせ どうぶつの森 8/10
・ファイアーエムブレム 覚醒 8.5/10
・ルイージマンション2 6.5/10
・スーパーマリオ3Dワールド 9/10
・レイマン レジェンド 9/10
・ピクミン3 8/10
・Runner2: Future Legend of Rhythm Alien 9/10
・レゴシティ アンダーカバー 8/10

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
Nintendo 3DS

任天堂 2013-12-26
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
ポケットモンスター X ポケットモンスター X
Nintendo 3DS

任天堂
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る

今年のクソゲーオブザイヤーは間違いなく、プレステ3のジョジョの奇妙な冒険でしょう。

バグで最強キャラで全然、対戦が成立せず、未完成ソフトでキャラを増やしたければネット経由でクレジット決済をして1体ずつ購入する必要があるというクソ仕様です。

 

この為、販売前はジョジョの奇妙な冒険のアニメブームで人気化していましたが発売後、1ヶ月でとんでもなく大暴落で7000円のソフトが2000円以下になったといういわくつきです。

ああいうのを見ると、任天堂以外のゲームソフトは発売日に買わずに、発売後の中古相場の動きを見てから買うようにしたいものです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。