2014
01.03
PHM15_0502.JPG

中高年やサラリーマンの趣味って何がいいんだろうか?

コラム

今日は身体を動かさないでいると逆に結構が悪くなるのか具合が悪くなるので運動をしてみた。

昨日から運動をしている。毎日、食べてソファーに転がって映画見たり、ゲームしているようでは目に悪い。そうじゃなくても一昨日はサーバー引越しで早朝から深夜までパソコン作業をしていたのである。

PHM15 0502

久々に自転車で遠出をしてみた。サイクリングロードである。

世の中の人は、趣味で何をしているのか?

中高年はカメラをやっている人も多い。野鳥を撮影している。しかし、野鳥撮影用のカメラは1個レンズが超望遠で天体望遠くらいのサイズで100万円する。

とても手が出ない趣味である。そこまでして、鳥を撮影したいとも思えない。野鳥撮影に1日カメラを三脚で構えて鳥が飛んでくるのを半日でも数人で待つのである。

無理だ・・・。

PHM15 0454

 

バーベキューをキャンプテントでやっている人もいる。

いいなぁとおもうが、これは自家用車がないと無理な趣味である。ゴミは完全に持ち帰りなのである。やりたい気分はあるが道具を揃えて運ぶのが大変だ。

 

 

犬。いまこれが多い。とにかく犬の散歩やドッグランで思いっきり走らせたりするのが趣味の人もいる。室内で飼っている人も多いのでドッグランには人がめちゃくちゃ集まるのである。しかし、家の中で私は犬を飼いたいとは思わない。

 

PHM15 0535

釣り。実は釣りは奥が深い。結構な老人や中高年で場所を占領しており、一見さんお断り雰囲気がバンバン出ている。これは道具を貸さないで持参する釣り堀でも一緒である。へらぶな釣りも本格的にやるなら道具一式で10万円は掛かる。

そこまでして、泥臭いヘラブナを釣りたくはない・・・。

 

 

世の中、盆栽の趣味が老人に普及しているのは何故かといえば、若い時に盆栽ブームがあったからなのである。

こんな理由でいま40歳ぐらいの人がまだラジコンを本格的に趣味でやっている人もいる。子供の頃、ラジコンブームで育った世代であり、本格的にやっている人はRCカーではなく、ガソリンエンジンのラジコンをブンブンやっている。遠くから音だけ聞くとラジコンヘリなのか車なのか、それとも草刈機なのかも分からない。

新参者は入りにくい雰囲気が出ているし、ラジコンをやりたいとも思わない。

自分はミニ四駆世代であるがいまからミニ四駆を本気でやる気にはなれないし、ビックリマンを買う気にもなれない。

いまビックリマンは再販されているが1個80円もする。とても手が出ない高さだ。チョコもピーナッツアレルギーが世の中に多いのでピーナッツなしになり、クランキークッキーになってからチョコスナックの味も悪い。いいところが全然ないので買おうとも思わない。

PP25 I35

 

読書も図書館で借りて読んでいるが前よりもペースは落ちている。新刊の本がくだらないブログの延長線のようなものばかりだからである。

3年後も価格を維持しているであろうと思えるような本はなく、ほとんどがAmazonマーケットプレイス1円の運命にある。そんなものをわざわざ時間を掛けて読みたいとも思わない。

なので自分はブックオフにもまったく店舗に行かない。

 

 

いま趣味は何ですか?

と聞かれたらはっきりと、趣味はない!と言える状態だ。

 

ゴルフも興味ないし、過去にゴルフクラブセットの中古を3000円で買ったことがあるが殆ど使わなかった。打ちっぱなしへ行く気にもなれず、コースに出ることもなく。趣味なんてものはない。

こうやって毎日、記事を書くのが趣味といえるのだろうか・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。