2014
11.30
2

七夕の竹すら、プラスチィックのセット販売の時代になりました

コラム

そろそろ七夕の時期である。

自分も子供の時期は保育園などで七夕をするなど、竹を切ってきたものをおいて短冊に願いを書いたり、デコレーションをしたのを覚えています。

しかし、最近の七夕は、この竹すら本物ではなく、プラスチェックで出来ているものを購入するだけです。

七夕セット

2

七夕セットが販売されています。この作り物の竹も広げるとかなり大きいものになります。

ここで飾りようの材料も完成品を購入し、飾ります。

 

七夕の作業すら、クリスマスのように変化しています。

もともとクリスマスは本物のもみの木を持ってきて、飾るという家庭は日本では少なかったはずです。

 

ついの七夕もこのような感じになっただけです。

価格も500円程度で、最近の子供はこういった七夕を首都圏くらいになると、楽しんでいます。

 

地方の人から見たら、何とも思えない状況でしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。